インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム 干支コレクション アワード  >  《浜松張子の猪ころがし(猪車)》浜松市博物館

《浜松張子の猪ころがし(猪車)》浜松市博物館

《浜松張子の猪ころがし(猪車)》浜松市博物館
3.
《浜松張子の猪ころがし(猪車)》二橋加代子 平成14(2002)年
 浜松市博物館

浜松張子の干支ころがし(干支車)のうちのひとつ。
浜松の郷土玩具「浜松張子」は、明治初年に江戸から移住してきた旧幕臣の三輪永保(ひさやす)が、江戸風の張子玩具を作ったのが始まりとされています。「ころがし」は動かして遊ぶおもちゃです。両側に大きな車輪がついていて、押すと体を前後に揺らしながら転がり進みます。
ころがし玩具では、『うなゐの友』六編(清水晴風著、大正二年刊)に紹介された犬ころがしの他に、狸と兎が古くから作られていました。四代目二橋加代子の時代に、犬と兎以外の十二支の型が新しく作られ、十二支が全て揃いました。


担当者からのコメント: つぶらな瞳の猪。お尻を押すと、揺れながら突進します。

この画像の年賀状データ
       
この作品に投票する
1. 応援コメントを記入してください (投票せずに応援コメントを見る)
2. 画像表示されている文字を入力してください
CAPTCHA image
3.

第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社