インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」

パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2019年1月11日


「子ども」をテーマにした展覧会は、建築やデザインだけに、絞ったものが主でした。
今回は、美術、ランドスケープ、図書館、工芸、家具デザインなど総合的に紹介され今までにない試みです。
建築は興味が分かれそうですが、子供の教育や遊び、学制や浮世絵など、間口は広いのが特徴。展示壁面も工夫があり見どころの一つです。

初挑戦 曲面の壁面

会場を一巡して、いつもと違うというのが第一印象でした。
しかし、それが何によるものかわかりません。
企画の担当、大村理恵子学芸員の解説で納得しました。
「ありえない曲面の壁にチャレンジした」のだそうです。



展示は時系列で、明治から現在に至る時代ごとに、代表する建築家たちの作品を紹介。
太田浩史氏の協力を得て、時代を色分けし「曲面」の壁で構成しました。

会場が狭くギュウギュウ詰めなので、巡回する青森県立美術館で見た方が、美しいかもしれないと自嘲ぎみにおっしゃっていました。
しかし、このコンパクト感は、子どもの頃、狭い路地をすり抜けて走り回った感覚を思い出されました。子どもの目線を体感しているようです。
青森県立美術館の広い会場の展示と比べてみたいと思いました。



訪れた場所が興味を誘う

テーマは「子ども」と「建築」ですが、かつて旅行で訪れた場所が、フックとなってメインテーマへと導かれました。
その一つが旧開智学校、そしてイサムノグチの関連の施設です。

▼旧開智学校


1876年に建築された旧開智学校は、長野の旅行でぶらりと訪れた場所です。
椅子と机があり、教壇で先生が授業を行う懐かしい授業風景。
しかし当たり前に思っていた授業が、教育改革によるものだったという衝撃は、鮮明に記憶に残っています。

寺小屋教育から明治に入り、大改革によってもたらされたスタイル。
勉強の場として校舎が必要となり、西洋と日本がミックスした擬洋風建築の代表です。
通常は展示されていない貴重な図面は必見です。

▼モエレ沼公園


彫刻家イサム・ノグチが最晩年に手掛けたランドスケープ作品。
イサム・ノグチ庭園美術館近くの公園で見た思い出の遊具が目にとまりました。
このマスタープランの図面もまた、今回、初めて展覧会に出品された貴重なものです。




イサム・ノグチは、1950年代から子どもの遊び場に取り組みました。
右の青焼は彼が設計した子どもの国の図面です。
ここがモデルとなり、全国に子どもの国が広がりました。



紫のエリアは、第3章1950-1970万博までの時代です。
ちなみにこの壁は、会場の中で一番、Rがきつい壁面だそうです。

フランスの美術史家が絶賛する美術館

ソフィー・リチャード氏が『フランス人がときめいた日本の美術館』中で、この美術館は、入念な調査のもと、企画の度に徹底的な模様替えを行っていると語っています。
入った瞬間に感じた何かとつながりました。

建築がテーマの展覧会。展示壁面も建築的に構成されていて、一つの見せ場になっています。
ぜひ着目してほしいポイントです。


会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2019年1月12日(土)~2019年3月24日(日)
休館日水曜日
開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
所在地東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/es/museum/
料金一般 800円、65歳以上 700円、大学生 600円、中・高校生 400円、小学生以下は無料
展覧会詳細へ 「子どものための建築と空間展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
DIC川村記念美術館「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」
[エリアレポート]
ジョゼフ・コーネル
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー メスキータ展
東美濃の縄文土器 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 日本画「青・蒼・碧」展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社