インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム みんなの広場リニューアル

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2019年1月24日
川崎市多摩区にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の「みんなのひろば」がリニューアルされたとのことで内覧会に参加してきました。

誰もが知っている藤子不二雄先生の名前は、藤本弘先生と安孫子素雄先生というお2人の漫画家さんの共同ペンネームです。

そのうちFのつく藤本先生は『ドラえもん』や『キテレツ大百科』の作者で、先生の原画を保存したミュージアムが当館です。


©Fujiko-Pro
「展示室」ではこどものときに夢中で読んだ、『ドラえもん』や『パーマン』の原画が展示されていて、「こんな風に書かれていたものを私たちは読んでいたんだ!!」と思うとワクワクしてきます。カラーの原画は丁寧に色が塗られていて、とてもきれい!

藤本先生は「ドラえもんブルー」や「ジャイアンオレンジ」などと、おなじみの色に独特の名前を付けて呼んでいたそうです。
キャラクター達に大きな愛情を注いでいたことがわかるようなエピソードです。

このミュージアムでは大切な原画を劣化させないために、複製を作り、オリジナルと交互に展示しています。

今回は「「キテレツ大百科」×「ドラえもん」-江戸時代の発明と未来のひみつ道具」という特別展示も行っていました。

キテレツがコロ助を作ったエピソードの原画が展示されていて、とても楽しかったです。
こどものときはただただ面白さに引き込まれて読んでいた『キテレツ大百科』や『ドラえもん』も、おとなの目で読み返してみるとこどもたちの創造力を育てようとする先生の想いを感じます。



2階の「まんがコーナー」では、自分が登場するまんがを夢中になって読んでいるドラえもんがいます。

ここでは、『ドラえもん』の他、たくさんのまんがが置かれていて、ゆっくりと座って自由に読むことができます。
取材でなければ、なつかしいまんがを読んでみるところなのになぁと残念な気持ちでした。



キッズコーナーは、隠れ家みたいな楽しそうなスペース。
ここは小さなこどもたち専用の遊び場です。



3階のドアから外に行くと「はらっぱ」に出ることができます。
木々に囲まれた気持ちの良いはらっぱでは、あの「どこでもドア」があります。
さて、このドアを通ってどこに行きましょうか?
そんな風に想像の翼が広がります。



はらっぱに置かれた土管です。
昔のこどもだった私は、空き地に置かれた土管で「かくれんぼ」「缶けり」などをして、暗くなるまで遊んでいました。
そういえば、土管の中で友達と一緒にまんがを読んだこともありましたっけ。

そんななつかしい思い出が次々とよみがえってきます。
はたして今のこどもたちに土管の魅力は通じるのかな?



パーマン1号と2号ものんびりとひなたぼっこ。
ここでは時間もゆったりと流れます。

2階の「みんなのひろば」は、このたびリニューアルされました。



こちらは「ボールころころ大騒動」。
巨大迷路のような道をボールがころころ転がっていきます。



ボールのゆくえは運まかせ
どこに転がっていくのかな。
ボールがモニターの後ろを通るといろいろな画面があらわれます。



「ギオン DE パチリ」では、インスタ映えする写真が撮れるスポット。
まんがの登場人物になったつもりで、表情豊かな変顔をして撮ると面白いかも!



またこのフロアでは、おなじみの「のび太の家」が1/5スケールで再現されています。とても精密にできているので、のび太の生活をのぞきこんで楽しめます。
それだけではなく備え付けられたタブレットをかざすと、部屋の中にキャラクターたちがやってきて、楽しいお話がはじまります。

「Fシアター」では、新作のアニメーション『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が3月9日から登場します。
ドラえもんの大ファンである直木賞作家の辻村深月さんが書き下ろした短編映画だということです。

現役のこどもたちがわいわい楽しく回れることはもちろんですが、かつてこどもだったおとなたちも忘れかけていた冒険心を思い出すこともできて、こども時代の元気を取り戻すこともできるような楽しいミュージアムでした。


会場川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
休館日毎週火曜日、年末年始(12月30日~1月3日)
開館時間10:00~18:00(日時指定による完全予約制の入館。入館時間は1日4回。)
所在地神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
0570-055-245
HP : http://fujiko-museum.com/
料金大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、子ども(4歳以上) 500円
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社