インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」

あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年1月25日
大阪・天王寺のあべのハルカス美術館で「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展が開催されています。

超絶技巧・・・ものすごい技巧による明治の工芸品と、現代の作家による、やはりものすごい技巧の作品が、七宝、陶磁などのジャンル別に展示されています。

エントランス付近は、さまざまな技法による作品の顔見せです。


【牙彫】安藤緑山《胡瓜》


《胡瓜》(部分)
きゅうりですが、象牙でできています。
2枚目の写真は、葉の裏側から見上げてみたところ。
ツルの先に、細長いうぶ毛のようなものが光っているのが見えるでしょうか。
象牙の彫刻だというのですが、いったいどのように作っているのか…。
作者は安藤緑山(りょくざん)、明治時代の彫刻家です。

近年まで生没年もはっきりとわかっていませんでしたが、2014年の展覧会(『超絶技巧!明治工芸の粋』)を機に、その履歴や作品の所在が明らかになりつつあります。

七宝(しっぽう)


【七宝】並河靖之《鳳凰龍図花瓶 一対》(部分) 清水三年坂美術館蔵
写真は、七宝(七宝焼)の花瓶。
細工の細やかさに、目がくらみます。

金工


【金工】正阿弥勝義《群鶏図香炉(蟷螂摘)》 清水三年坂美術館蔵
金・銀・銅など数種類の金属が使われています。
色金(いろがね)とよばれる、色調をもつ金属による表現は、当時の欧米にはなく、日本の金工は非常に人気があったそうです。

作者の正阿弥勝義(しょうあみ・かつよし)は、もともと刀装具(とうそうぐ)を作っていましたが、明治4年の廃藩置県、ついで廃刀令により仕事を失い、室内装飾品などの制作に転じました。

自在(じざい)

鶴、鯉、昆虫などの置物ですが、関節などを本物通りに動かすことができるそうです。
精巧な伊勢海老が、エントランス付近にも展示されています。

木彫・牙彫

下の2点は、冒頭で紹介した《胡瓜》と同じ作者によるもので、いずれも象牙の彫刻〈牙彫(げちょう)〉です。


【牙彫】安藤緑山《干鱈に鼠》(部分)清水三年坂美術館蔵

【牙彫】安藤緑山《葡萄》(部分)
ここが展示室ではなく家の台所なら、まちがいなく本物と思いそうなぶどう。
眺めていると、「なぜここまで本物そっくりにこだわるのか」と、素朴な疑問もわいてきます。

これについて、京都の清水三年坂(きよみずさんねんざか)美術館館長の村田理如(まさゆき)さんは、“粋(いき)”という言葉で説明されていました。

例えば、質素な着物の裏に派手な柄を入れるような、見えないところへのこだわり、意外性や驚きを伴った美意識―というものです。

最後は、現代の作家による作品が展示をしめくくります。


橋本雅也《タカサゴユリ》(部分)2014年
匂い立つようなユリ。
鹿の角で作られています。


春田幸彦 有線七宝錦蛇革鞄置物《反逆》(部分)2017年
蛇革バッグから、ぬっと突き出た頭。七宝の作品です。(〈七宝〉のコーナーで展示されています)
作る人の思想のようなものが現れているのは、現代ならではという感じがします。


作者の観察眼、技巧、ものづくりへのこだわりと執念…どれをとっても自分の想像をはるかに超えており、まさに驚異、超絶技巧の名にふさわしい展覧会でした。

微細な世界のすみずみまで確認されたい方には、一眼鏡などの使用をおすすめします。
ほとんどの作品について、その真髄は細部にある…と感じます。


会場あべのハルカス美術館
開催期間2019年1月26日(土)~2019年4月14日(日)
休館日1月28日(月)、2月18日(月)、3月4日(月)、18日(月)
開館時間10:00~20:00、月・土・日・祝は~18:00まで(入館は閉館の30分前まで)
所在地大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : https://www.aham.jp/
料金一般 1,300円、大学・高校生 900円、中学・小学生 500円
展覧会詳細へ 「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
日本科学未来館「企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~」'
工事中!
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
東京ステーションギャラリー「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」'
アルヴァ・アアルト
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
神奈川県立歴史博物館「屏風をひらけば」
屏風をひらけば
そごう美術館「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く」'
千住博展
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立博物館「特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―」
両陛下と文化交流
森美術館「六本木クロッシング2019展:つないでみる」
六本木クロッシング
根津美術館「ほとけをめぐる花の美術」
ほとけをめぐる
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
Bunkamura ザ・ミュージアム「クマのプーさん展」
クマのプーさん展
東京都庭園美術館「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」'
岡上淑子
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
細見美術館「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」
[エリアレポート]
石本藤雄展
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」
[エリアレポート]
ボルタンスキー展
練馬区立美術館「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ-ユニマットコレクション-」
[エリアレポート]
ラリックエレガンス
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
「不思議の国のアリス展」神戸展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 フェルメール展 特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ラファエル前派の軌跡 展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社