インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」

国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年2月8日


《スピリット》2013年 肖像がプリントされた布、ソケット、電球 作家蔵
どこに迷い込んでしまったのか…。
この世ではない何処かにいます。不安と好奇心が入り交じります。

国立国際美術館、国立新美術館、長崎県美術館の3館共同企画の大規模な『クリスチャン・ボルタンスキー —Lifetime』展が今年、国内を巡回します。
大きな特徴は、自らを「空間のアーティスト」というボルタンスキー自身がそれぞれの会場に合わせたインスタレーションを手掛けることです。
初期の作品から最新作までを紹介しながらも、展覧会が1つの作品のようになるというのです。


会場風景


会場風景
青い光で形作られた《出発》。何かが始まると予感させてくれます。
響く《心臓音》と、鼓動に合わせて明滅する電球。その先には人の顔が映し出された紐状のカーテンが吊られています。
カーテンに映る像は7歳から65歳までのボルタンスキーです。
そして体に振動する大きな心臓音は、ボルタルスキーのもの。
彼の体内へ入り込んでいくかのようで、少々緊張しながらカーテンを通り抜けました。


会場風景
ボルタンスキーは、歴史や記憶、そして死や不在をテーマに、世界中で作品を発表しています。
そして本展でも、彼の実体験や思考、疑問をもとに「生」「死」を表現しています。
ボルタンスキーは、観るだけではなく、作品に入り込み、それぞれの実体験を通して自分自身に問いかけてほしいと話します。

多くの人たちの顔写真や古着、風鈴の音は、ナチスや世界大戦を彷彿させます。
子どもたちの写真は、最近の小学4年生が虐待で亡くなったニュースを思い起させました。
地震や津波の災害、または身近な人の死を思い出す人もいるでしょう。

過去や現在の記憶、そしてこれから起こり得る未来の現象。
それらすべて総動員させて作品に集中しますが、時代、国境を超えたテーマは、大きく、一度では消化できません。

「展覧会を見たから、答えが見つかるわけではない」とボルタンスキーは、いいます。
「人生は疑問だらけ。真偽に到達する最後の扉をあけるカギを探し続けることが人間らしい営みである」。
何度も展覧会に足を運び、じっくり向き合いたい。そんな気持ちになります。

最後の部屋には赤いサインの作品《到着》が待っていました。
入口の《出発》と対になっており、人生には始まりと終わりがあるというボルタンスキーの哲学を表現しています。
最後に私たちは、来世にたどり着いたということでしょうか。

実は、出口がわからず、少し戸惑っていた時に見えた「ARRIVEE(到着)」のサインは、現世に戻ってきたかのような安堵感を与えてくれました。
「死」ではなく「生」にしか意識が向いていない、そんな自分が無意識にでたような気もします。


クリスチャン・ボルタンスキー氏


会場国立国際美術館
開催期間2019年2月9日(土)~2019年5月6日(月・休)
休館日月曜日(ただし、2月11日(月・祝)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館)、2月12日(火)
開館時間10:00~17:00、金曜・土曜日 ~20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
所在地大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-6447-4680(代)
HP : http://www.nmao.go.jp/
料金一般 900円、大学生 500円 ※その他割引情報は、「展覧会詳細へ」をご覧ください。
展覧会詳細へ 「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社