インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  練馬区立美術館「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ-ユニマットコレクション-」

練馬区立美術館「ラリック・エレガンス」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2019年2月23日
練馬区立美術館では、「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ― ユニマットコレクション ―」展が開催中です。

アール・ヌーヴォーのジュエリー作家として、またアール・デコのガラス工芸家として活躍したルネ・ラリック。
その2つの側面をもとに、本展では一躍有名となったパリ万国博覧会前後の年代に製作されたジュエリーから、晩年のガラス花瓶までが通観できます。

第1章は、アール・ヌーヴォーのジュエリー。
ペンダントやブローチが20点と、製作過程を窺い知ることのできるドローイング、テストピース数10点が並びます。


ネックレス《花》 1900-1905年頃 金、ガラス、バロック真珠

ネックレス《花》(部分)
こちらの花の部分がガラスでできたネックレスは、着用時には見えない花びらの中まで丁寧に作られていました。


ペンダント/ブローチ《ケシの女》 1898-1900年頃 銀、ガラス、バロック真珠 共箱付
また、こちらのペンダントを含む3点は、それぞれ独立した小さな展示ケースのお陰で、女性の表情がはっきりとわかるほどの至近距離で鑑賞できました。

珍しい所では、鋳造の原型を試したと思しき金属片のテストピースがありました。


テストピース《コティの香水瓶レフルールのシール》 1905-1908年頃 技法・素材不明
完成品のジュエリーにみられる細やかさと比較すると、テストピースの方は大まかな造形を確認しているといった感じです。
初めから精密な型を作って製作していた訳ではないのだなと想像されます。

第2章は、アール・デコのガラス。
アール・ヌーヴォーの装飾性とは対象的に、シンプルでモダン、かつ実用性のあるアール・デコのガラス工芸品が180点強。
時代の変化を先読みしたかのようなラリックの転身には、驚くばかりです。

夫婦円満の象徴である雌雄のセキセイインコの花瓶は、当時の結婚祝いとして喜ばれたそうです。


左)花瓶《セイロン》 1924年 オパルセントガラス、プレス成形、パチネ / 右)鉢《セキセイインコ》 1931年 オパルセントガラス、プレス成形、パチネ
文字盤のインコが特にキュートな置時計も出品されていました。


小型置時計《セキセイインコ》 1926年 オパルセントガラス、プレス成形、文字盤は金属と象牙、彩色画
置時計は、当時としてはまだ珍しい電池式です。
こちらもプレゼントとして贈られたものでしょうか。


化粧セット《ダリア》 1931年 / 奥左、中央)化粧瓶 No.2 / 奥右)アトマイザー No.3 透明ガラス、型吹き成形、栓はプレス成形、エナメル彩、パチネ / 手前左)蓋物 No.3 / 手前右)蓋物 No.2 透明ガラス、プレス成形、エナメル彩、パチネ
使うほど優雅な気分になれそうな化粧瓶などは、実際に使ってみたいところです。


左)グラスセット《ティオンヴィル》 1924年 透明ガラス、型吹き、脚部プレス成形、エナメル彩 / 右)グラスセット《タン》 1924年 透明ガラス、宙吹き、脚部プレス成形、エナメル彩
ラリックの中では断然シンプルなグラスセットですが、アクセントとなるデザイン部分にアール・ヌーヴォーの雰囲気が残されているように感じます。


花瓶《蝶》 1936年 透明ガラス、プレス成形、羽の熔着
晩年に製作された花瓶には装飾性が高いデザインのものがあります。
まるで、時代に逆行したか、昔を回顧したかのように。
時代に合わせて売れる物を製作していたかのようなラリックが、本当に作りたかったのは何だったのだろうかと、思いを馳せました。

※写真はすべて、許可をいただいて撮影をしています。


会場練馬区立美術館
開催期間2019年2月24日(日)~2019年4月21日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~18:00(入館は、17:30まで)
所在地東京都練馬区貫井1-36-16
03-3577-1821
HP : https://www.neribun.or.jp/museum.html
料金一般 800円、65~74歳 600円、高校、大学生 600円、中学生以下および75歳以上は無料
展覧会詳細へ 「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ― ユニマットコレクション ―」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
日本科学未来館「企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~」'
工事中!
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
東京ステーションギャラリー「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」'
アルヴァ・アアルト
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
神奈川県立歴史博物館「屏風をひらけば」
屏風をひらけば
そごう美術館「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く」'
千住博展
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立博物館「特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―」
両陛下と文化交流
森美術館「六本木クロッシング2019展:つないでみる」
六本木クロッシング
根津美術館「ほとけをめぐる花の美術」
ほとけをめぐる
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
Bunkamura ザ・ミュージアム「クマのプーさん展」
クマのプーさん展
東京都庭園美術館「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」'
岡上淑子
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
細見美術館「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」
[エリアレポート]
石本藤雄展
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」
[エリアレポート]
ボルタンスキー展
練馬区立美術館「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ-ユニマットコレクション-」
[エリアレポート]
ラリックエレガンス
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
「不思議の国のアリス展」神戸展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 フェルメール展 特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ラファエル前派の軌跡 展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社