インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  細見美術館「マリメッコの花から陶の実へ 石本藤雄展─琳派との対話─」

細見美術館「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年3月8日
京都の細見美術館で、「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」が開催されています。

現在は陶芸家として活動している石本藤雄さん。
フィンランドのブランド「マリメッコ」で、30年余りテキスタイルデザイナーとして活躍されていました。

マリメッコでデザインした布が、美術館の吹き抜けにも飾られています。



この展覧会のユニークなところは、石本さんの作品と、展示会場の所蔵作品とを取り合わせて展示し、作品どうしの “対話” をテーマにしていること。

細見美術館は、俵屋宗達や尾形光琳など、琳派(りんぱ)とよばれる流派のコレクションで知られます。
石本さんの作品と琳派の出会い。さて、どのような対話なのでしょう。



展示室に入ると、たくさんの円筒状の布が目に入ります。
どれも石本さんがマリメッコでデザインしていた頃のもの(1970年代~2000年代)。
左の掛け軸は、中村芳中(なかむら ほうちゅう)による作品 《朝顔図》。
何の違和感もなく、一つの空間に溶け合っています。


(左)本阿弥光悦・書 俵屋宗達・下絵 《月梅下絵和歌書扇面》 江戸前期 細見美術館蔵 (右)コレクション「シュダンタルヴィ(Sydäntalvi 真冬)」より 石本藤雄 《ウオマ》(Uoma / 河床)
ぴったりと息の合った取り合わせ。
左は、俵屋宗達の下絵による扇面。右側の墨流しのパターンを使った布は、石本さんの1980年代のデザインです。
今回の展示では、琳派の作品選びや、会場の展示構成も石本さんが手がけています。

次の展示室では、陶芸の作品が加わります。


(上)鈴木其一 《水辺家鴨図屏風》 江戸後期 細見美術館蔵 (下)石本藤雄 《冬瓜》
アヒルと冬瓜(トウガン)の組み合わせ。
丸っこい姿が呼応し合っています。

石本さんは、ギャラリートークで「展示室に入った所から見ると、白いアヒルが白いトウガンをつついているように見えるんですよ」と、うれしそうに話されていました。



石本さんは、砥部(とべ)焼という焼き物の町、愛媛県砥部町の出身。
後ろに見えるのは、故郷のオオイヌノフグリをモチーフにした陶板です。

愛媛といえば、みかんです。


石本藤雄 《みかん》
何ともおおらか。南国愛媛の香りがします。

屏風の後ろはガーデンパーティ。琳派とともに咲き乱れています。


(左)池田孤邨 《四季草花流水図屏風》 江戸後期 細見美術館蔵 (右)石本藤雄 《ブウタルハクツト》(Puutarhakutsut / ガーデンパーティ)
自分のデザインしたものを琳派との対話という形で並べることで、琳派の草花との共通点を改めて感じた、と話されていました。

デザインのアイディアスケッチも展示されています。



布の柄は同じパターンを繰り返してつくられるため、繰り返すことで面白くなる(単調にならない)デザインにすることが大切なのだそうです。


(上)中村芳中 《立葵図扇面》 江戸後期 細見美術館蔵 (下)石本藤雄《紅白花》
「どちらが石本で、どちらが琳派か」と思うような組み合わせ。
上は、中村芳中によるタチアオイ。下が石本さんの作品《紅白花》です。

「この(中村芳中の)作品は知らなかったけど、見つけて『あれっ』と思って並べた」のだとか。
今回の展示を通じて、藝大時代に出会った俵屋宗達が自分のベースとなっていると感じた、という石本さん。
琳派の作品としっくりとなじんでいるのは、偶然ではないのかもしれません。

そのおおらかな世界と琳派の草花や動物との出会いは、友だちとの再会の場面のよう。
打ち解けておしゃべりをしているような、言葉がなくてもわかりあっているような。
ほのぼの、幸せな気持ちになる展覧会です。


会場細見美術館
開催期間2019年3月9日(土)~2019年4月21日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~18:00
所在地京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
075-752-5555
HP : http://www.emuseum.or.jp/
料金一般 1,300円、学生 900円
展覧会詳細へ 「マリメッコの花から陶の実へ 石本藤雄展─琳派との対話─」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
山種美術館「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟」
速水御舟展
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
Bunkamura
バレルcol.
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」
[エリアレポート]
「永田友治」展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ゴッホ展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― メスキータ展 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社