インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  兵庫県立美術館「不思議の国のアリス展 神戸展」

兵庫県立美術館「不思議の国のアリス展 神戸展」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年3月15日
「不思議の国のアリス展」が兵庫県立美術館で開催されています。

ずっと昔、奇妙な世界に引きずり込まれるようにして読んだ物語。
170か国以上で翻訳されたこのお話、さし絵もたくさんの人によって描かれ、アニメーションや映画にもなっています。
なぜこのお話がこれほど人々を惹きつけるのか、多様な作品を通じて探り出そうという展覧会です。

展示は3つの章で構成されています。
第1章は、始まりの話―アリス誕生。

不思議の国のアリスは、作者のルイス・キャロルが、アリスという名の実在の少女に語って聞かせた物語をまとめたもの。

こちらは、キャロル自身によるスケッチです。アリスの姿も描かれています。
(神戸会場のみの展示です)


ルイス・キャロル「『アリス』のスケッチ」©The Governing Body of Christ Church, Oxford
物語の中のアリスの容姿について、かなりはっきりとイメージをもっていたようです。

展覧会の広告では、最初に本が出版された時のさし絵が使われています。ジョン・テニエルというさし絵画家によるもの。



これは、アリスが抱っこしていた赤ちゃんが子ブタに変わってしまった場面。
さし絵にこだわりのあったキャロルは、テニエルの絵にも細かく注文をつけていたそうです。

アリスの物語は人気を呼び、その後もさまざまな画家が手がけました。こちらに並んでいる本は、その一部。



多くの言語に訳されただけでなく、同じ言語でも多くの翻訳が出ているのがこの本の特徴だそうです。
調べてみると、日本でも意外な文豪が訳していたりして驚きます。

第2章は、アリスの物語―不思議の国への招待。

キャロルは「不思議の国のアリス」と、その続編にあたる「鏡の国のアリス」を書きました。
2つの物語の見せ場を、7人のアーティストが描いています。

こちらのさし絵は、ほのぼの明るい印象です。


ヘレン・オクセンバリー「『不思議の国のアリス』第7章より《へんなお茶会》」©Helen Oxenbury
第1章で紹介されたアリスと比べると、かなり現代的。
ヘレン・オクセンバリーという絵本作家によるものです。

第3章は、アートの国―世界が愛する永遠のアリス。
本を飛び出し、映画やアニメーション、写真や絵画などで表現されたアリスです。

映画化されたもの(1908年制作、約8分)もあり、会場で見ることができます。
奇妙な扮装をした人(人以外も)が動きまわっていて、なんとなくのどかな雰囲気です。

こちらは、ロシアの写真家による作品です。


ウラジミール・クラヴィヨ=テレプネフによる作品
小説が映画化されたものなどを見て違和感を覚えることがありますが、こちらは原作のイメージ通り。作者のキャロルも感心するのでは?


(左)清川あさみ 《青いイモムシ》 (右)《涙の池》
これも、もうひとつのアリスの世界。スパンコールやレースなども使われていて、華やかな雰囲気。 作者は清川あさみさんです。

このコーナーでは、ダリによる抽象画のような絵や、草間彌生さん、版画家の山本容子さんらの作品も展示されています。

百花繚乱の展示を見ていると、この物語の何が、これほどたくさんの人を惹きつけるのかな、と思います。

物語は、最後にアリスが夢から目覚めて、すべて夢の中の出来事だったと気づくところで終わります。
おかしな登場人物、脈絡のないストーリー、あっけない幕切れ…。

目覚めたときに忘れてしまっているだけで、わたしたちもアリスと同じような夢を見ているのかも。
どうしても思い出せない何かがあるから、心が惹かれて、“自分のアリス” を描きたくなるのかな…という気がします。



会場兵庫県立美術館 ギャラリー棟 3F
開催期間2019年3月16日(土)~2019年5月26日(日)
休館日月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開館時間10:00~17:00、(最終入場は閉場の30分前まで)
所在地兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通 1丁目1番1号
050-5541-8600
HP : http://www.alice2019-20.jp/
料金一般 1,400円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 600円
展覧会詳細へ 「不思議の国のアリス展 神戸展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社