インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立歴史民俗博物館「総合展示 第1展示室「先史・古代」リニューアル」

国立歴史民俗博物館「総合展示 第1展示室「先史・古代」リニューアル」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2019年3月14日



国立歴史民俗博物館の総合展示第1展示室「先史・古代」が、リニューアルオープンしました。1983年の開館以来、初めての大規模な展示替えです。

研究機関である歴博が、文理融合研究の結果、時代観を大きく変えました。
炭素14年代測定によって、これまでとは異なる年代観を反映した先史時代の展示になっています。

時代観はどう変化した?

大きく変わったことは・・・・
・旧石器時代の展示が独立したテーマとして新設されたこと。
・縄文時代が約3500年早く始まっていたこと。
・弥生時代が約500年早く始まっていたこと。
とくに下の2つは、炭素14年代測定という科学的な方法で明らかになりました。



それによりこれまでの縄文時代、弥生時代の開始年代が大きく変わりました。
歴博では時代のはじまりで分けずに、時代と時代の移行期にスポットをあてたテーマ設定をしています。

生活・環境・国際交流を基本テーマ




縄文時代が約3500年早く始まったことがわかり、従来の縄文時代の年代観は変わりました。
テーマⅠ「最終氷期に生きた人々」には、旧石器時代の後期と、縄文時代の草創期が含まれます。
旧石器時代から縄文時代へと移る境界に着目し、6つの大テーマにイメージカラーをつけて展示してあります。



時代が移行する時の、生活、環境、国際交流の変化に着目しています。
そして、第1展示室の呼称は「原始・古代」から「先史・古代」に変更されました。
「原始」には、未開・野蛮という意味があり、歴史用語ではありません。
「先史」は、文献のない時代を指し、歴史ではないというイメージがありましたが、今回は、科学的手法で暦をつけた弥生時代以前を「先史」ととらえています。

教科書と違う戸惑い

子どもたちは、学校で習う歴史の区分と歴博の展示テーマが違うため戸惑うと言います。
また大人は新しく時代観が変わったと言われても、変わる前を理解していないとその意味がわかりません。
しかし、時代区分など、理解していなくても十分、楽しめる工夫があります。

展示の楽しみ方



一般的な展示は、手前の石だけが並べられます。
この石器がどのように使われるのかは、イマジネーションに頼るしかありませんでした。
今回の展示は、当時の人びとのくらしをビジュアルに示すことに重きが置かれているので、等身大やミニチュアの人形の模型が、道具の使い方、生活の様子を伝えてくれます。



さまざまな手法で視覚化され、体感できます。
時代区分がわからなくても、昔はこんな生活をしていたんだと、ジオラマの中に入り込んで共有ができます。モノの展示でなくコトの展示がされています。

最先端の高い専門性ある展示



歴博36年、研究の集大成。専門家には新知見や調査なども提供されます。
ところで、教科書とは違うと感想を持った子どもたちにどう説明すればいいでしょうか?
最先端の学問の成果が教科書に載るまでには、長い時間がかかります。
歴博の展示には最先端の学問成果が反映されています。
歴博の展示を見て、最先端の学問の世界にひたってみてはいかがでしょうか?


会場国立歴史民俗博物館
休館日月曜日(祝日の場合その翌日)、年末年始 ※4/1、8/13は臨時開館。ゴールデンウィーク中(4/7~5/6)は毎日開館。
開館時間3~9月は、9:30~17:00、10~2月は、~16:30(いずれも、入館は閉館30分前まで)
所在地千葉県佐倉市城内町117番地
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp
料金一般 600円、大学生 250円、高校生以下は無料
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社