インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都文化博物館 別館ほか「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」

京都文化博物館 別館ほか「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年4月12日、17日
KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)京都国際写真祭 2019が開催されています。
京都を舞台に、4月から5月にかけ1カ月にわたり開かれる写真祭。2013年に始まり、今回が7回目となります。

近代建築や町屋、寺院などの11か所が展示会場となっています。いくつかの会場を回ってみました。

〈京都文化博物館 別館〉 アルバート・ワトソン「Wild」

京都文化博物館の別館では、アルバート・ワトソンという、スコットランド出身の写真家による作品が展示されています。



坂本龍一の写真が、展覧会の広告にも使われています。
映画「ラスト・エンペラー」(1987年)の音楽で、アカデミー賞などを受賞した翌々年に撮影されたものです。
写真家からの細かい指示がなくても、ポーズや表情で自分を表現することができる人だったようです。

会場の1階では、天井の高い空間に肖像や風景などの写真が展示されています。
明治時代に建てられ、かつては銀行として使われていたというこの建物自体が文化財です。

2階も展示会場となっています。


手前の本は、アルバート・ワトソンの作品集です。このとき開いていたページには歌手のデヴィット・ボウイ。
奥のスクリーンにはアップルの創業者、スティーブ・ジョブズが映し出されています。

多くの著名人を撮ったアルバート・ワトソンですが、著名人だけではなく、無名の人も、草木も、人の体も、意志をもつ存在として写し出されているように見えます。

京都文化博物館 別館の展示は10時~19時、5月12日(日)まで。5月7日(火)は休館です(展示時間や休館日は会場により異なります)。

〈両足院〉アルフレート・エールハルト「自然の形態美 ― バウハウス100周年記念展」

この写真祭の展示会場はいくつかのエリアにわかれていて、祇園にある建仁寺の塔頭(たっちゅう)、両足院(りょうそくいん)でも展示が行われています。



庭に向かって大きく開かれた空間に、海や、砂漠の模様のような写真が並んでいます。
アルフレート・エールハルトという、ドイツ出身の作家による作品です。
展示タイトルにあるバウハウスとはドイツに設立された美術学校の名で、エールハルトもここで学びました。



貝やカイメン、サンゴなど、海の生物の写真が多く展示されています。
自然のつくりだす形に魅了された人だったようです。

この会場には2回訪れました。
1回目は晴れ、2回目は曇りの日。
面白かったのは、天気によって作品の印象がちがって見えたことです。

もちろん晴れの日も気持ち良いですが、海の生物が多く展示されていたためか、雨の降り出しそうな水気の多い日は、作品がより生き生きしているように感じました。
天気によって見え方が変わるのは、建物の外の自然と一体になった展示ならではの面白さかもしれません。

両足院の展示は10時~17時、5月12日(日)まで。5月9日(木)は休館です。

この写真祭では、毎回テーマとなる言葉が掲げられています。
今年のテーマは“VIBE(ヴァイブ)”というもので、「振動」という意味の言葉(vibration ヴァイブレーション)がもとになっています。

人や風景と出逢ったときにわきあがる感覚、何かが響き合うような感じ‥
いろいろな“VIBE”、心や体に響く何かが、あちこちの会場で感じられるのではないかと思います。


会場京都文化博物館 別館 ほか 全11会場
開催期間2019年4月13日(土)~2019年5月12日(日)
休館日会場により異なります。詳細はホームページにてご確認ください。
開館時間会場により異なります。詳細はホームページにてご確認ください。
所在地京都市上京区相国寺門前町670番地10 (KYOTOGRAPHIE事務局)
075-708-7108
HP : https://www.kyotographie.jp/
料金パスポート 一般 4,000円、学生(大学・高校・専門学校)3,000円
展覧会詳細へ 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社