インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  名古屋市美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション」

名古屋市美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年4月14日
展覧会概要

名古屋市美術館で、「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展が開催されています。
モネ、ルノワール、ドガ、ファン・ゴッホ、ピカソ、シャガールなどの名品、72点が展示されています。
聞くところでは、吉野石膏コレクションは質量ともに国内有数のコレクションでありながら、中部地方でまとめて紹介されるのは初めてだそうです。

作品について

関連イベントの記念講演会(講師は、公益財団法人吉野石膏美術振興財団学芸員、佐藤菜々子氏)で、展覧会を楽しむコツとして「もし、展示作品を譲っていただくとしたら、どの作品を選ぶか?と考えながら見ると、作品が身近に感じられる」とアドバイスがあったので、自宅に飾る作品を選ぶつもりで展示室を見て回ることにしました。
(紹介する作品は、すべて吉野石膏コレクション)

玄関に飾りたいのはコレ。

クロード・モネ 《ヴェトゥイユ、サン=マルタン島からの眺め》1880年
左下の草むらから右斜め上に点々とつながるオレンジをたどると、二人の人物に気がつきました。
パラソルを差し、そよ風が心地よい水辺を散歩しているようです。
玄関でこの作品を目にすれば、気の重い会議のある日でも穏やかな気持ちで出かけることができそうです。

居間に飾るならコレ。

ポール・セザンヌ 《マルセイユ湾、レスタック近郊のサンタンリ村を望む》1877-79年
画面右下に大きく海が描かれ、中央あたりの煙突からは煙が出ています。
左下のゆるやかなS字カーブは、向こう側が透けているので、防風・防砂ネットでしょうか。
海辺特有の強い日差しと、潮の香りを感じます。
とても気に入ったのですが、季節が変わって、雪の頃にもこの作品を飾っておくか、少々迷うところです。

飾る部屋はないけれど、コレも欲しい。

ピエール=オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》1887年

エドガー・ドガ 《踊り子たち (ピンクと緑)》 1894年
どちらも、パステルで描かれています。油彩よりも、色彩が柔らかく、全体的に軽やかな印象を受けました。
《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》を見ていると、かわいらしい表情の中にも、モデルを務める緊張感がうかがえます。
一方、《踊り子たち (ピンクと緑)》では、まさにスポットライトの中に出ようとしている踊り子の高揚感が伝わってきます。
緑色で描かれた踊り子の影を見て、唐突にブラッドベリィの「緑の影、白い鯨」という小説のことを思い出しました。

閑話休題


名古屋市美術館にて
展覧会初日の4月9日、「印象派からその先へ」展入場者、先着50名に山形県のブランド米「つや姫」がプレゼントされたそうです。

今展は、名古屋市美術館の後、兵庫県立美術館(6月1日~7月21日)、三菱一号館美術館(10月30日~2020年1月20日)に巡回します。
それぞれの美術館でも何かサプライズがあるとうれしいと思います。

以上


会場名古屋市美術館
開催期間2019年4月9日(火)~2019年5月26日(日)
休館日月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開館時間9:30~17:00(入場は16:30まで)、毎週金曜日は~20:00まで(入場は19:30まで、祝日の場合は除く)
所在地愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
052-212-0001
HP : http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
料金一般 1,300円、高大生 900円、中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。
名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社