インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  姫路市立美術館「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」

姫路市美「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年4月18日

昨年8月から7カ月間の改修工事を経て、姫路市立美術館がリニューアルオープン。
その記念として、今や世界中の人々が魅了されるチームラボの展覧会が始まりました。




上下とも《世界は暗闇から生まれるが、それでもやさしくうつくしい》/2018年
薄暗い展示部屋。「雨」「鳥」「虹」などの漢字が天井から流れ落ちてきます。
その漢字に近づくと、その文字自体がもつ世界が出現します。
例えば、文字が「花」なら、白やピンク色の花が一面に表れます。
隣に偶然居合わせた鑑賞者が文字「蝶」に近づくと、壁に蝶が表れ、先ほどの花の周りを舞います。

自分の行動が作品に反映される不思議さと、他人の行動が影響し合う面白さを感じ、時間を忘れて文字を追いかけてしまいます。
目の前の風景(映像)は、この瞬間だけのもので、そこには儚さや尊さも存在します。


《Black Waves : 埋もれ失いそして生まれる》/2019年
違う部屋には、波の作品がありました。四方を波に囲まれているように見えます。
映像に映る波は、一筆書きのように全て繋がっていると教えてもらいました。
実際の景色を取り込んだのではなく、水の動きをシミュレーションし、立体的に描いた線の集合を映像化しているそうです。
美術館内にいることは重々承知しているものの、海の中に佇んでいるようで、すこし肌寒く、怖さすら感じます。


《永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる》/2019年
今展では、4作品が展示されています。
どの作品をみても、自分自身が映像に溶けていくような感覚になります。
相手はコンピューターが創り出した映像なのに…反発心?抵抗したくなってきます。

非現実に呑み込まれていく感覚に戸惑っているのでしょうか。
そんな自分が可笑しくもあります。色んな感情が体に巻き付き、ふんわり浮いているようです。

私が作品に混じり合っていくだけではありません。
会場の出入口は1つになっていて、4作品を観終えるとUターンすることになります。
作品を見直すというより、海、山、雨…と自然の中を歩き続けているような気持になりました。
作品と作品、現実と非現実…。境界が薄れ、時空の中を1人彷徨っている、そんな気分です。



美術館を出て、ハッとします。
太陽のまぶしさ、木々の青を敏感に感じ、生きている世界は美しいと喜ぶ自分に気づいたからです。
現実にいながら非現実を味わっているのか、新しい世界へ舞い込んだのか、チームラボは、私が知らなかったスイッチを押してくれたようです。


会場姫路市立美術館
開催期間2019年4月20日(土)~2019年6月16日(日)
休館日月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
開館時間10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地兵庫県姫路市本町68-25
079-222-2288
HP : https://www.teamlab.art/jp/e/himeji/
料金一般 1,400円、大高生 1,000円、中小生 600円、未就学児は無料
展覧会詳細へ 「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社