インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」

あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年4月26日


「クマのプーさん展」が大阪・天王寺のあべのハルカス美術館で開催されています。

プーさんの物語は、約90年前のイギリスで生まれました。
お話を書いたのは、劇作家・詩人として活躍していたA.A.ミルン。
彼が、幼い息子のために書いた物語に、E.H.シェパードという挿絵画家がイラストを描きました。
世界中で親しまれている物語を、原画をもとにたどる展覧会です。

展示は5章からなります。

第1章『さて、お話ははじまります』
お話に登場するプーさんや仲間たちは、作者ミルンの息子が持っていたぬいぐるみがモデルとなっています。



プーさん、ロバのイーヨー、コブタ…。モデルとなったぬいぐるみの複製が展示されています。
それぞれのキャラクターの性格は、ぬいぐるみの姿から発想されたのだそうです。
写真の左上に居るのはロバのイーヨーですが、首をうなだれた姿から悲観的な性格に…というように。

第2章『お話は、どうかな?』では、風船で空を飛ぶプーさんなど、物語の印象的なシーンが鉛筆による原画で紹介されています。

第3章『物語る術(わざ)』
この絵も鉛筆による原画です。



左のほうに写っているのは、コブタ。プーさんの親友です。
タンポポの綿毛を吹いて、何かを占っています。

下の絵も鉛筆による原画です。


「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました」、『プー横丁にたった家』第6章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、ジェームス・デュボース・コレクション © The Shepard Trust
橋から川をのぞきこむクリストファー・ロビンとプーさん、コブタ。
棒投げ遊びをしていた川をながめているシーンです。
物語の舞台は、イギリス南東部にある実在の森がモデルになっています。
この橋も実在していて、今も多くのプーさんファンが訪れるそうです。

この橋と川は、会場の中でも再現されています。



川に棒切れのようなものが現れ、流れていきます。
物語の舞台に見立てた会場で、遊びながらプーさんの世界を体験できるよう工夫されています。

第4章『プー、本になる』では、印刷され、本になっていくプーさんが紹介されています。



写真の左側に写っているのは、プーさんの本の初版。
右側は、当時印刷するときに使われていた金属製の版の複製です。
コンピュータを使った現代の印刷にはない味わいがあったようです。

もとは白黒だったプーさんですが、カラー化の要望にこたえ、挿絵を描いたシェパード自身が色を付けました。


「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、 E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年 英国エグモント社所蔵 © E.H. Shepard colouring 1970 and 1973 © Ernest H. Shepard and Egmont UK Limited
雨の日、プーさんがハチミツの入ったつぼを雨宿りさせるシーンです。
プーさんの丸っこい背中。思わず手で触りたくなります。

第5章『世界中で愛されているクマ』
世界の人気者になったプーさん。
ここでは、さまざまな国のプーさんが紹介されています。



このような(アライグマのような)プーさんが、木から落っこちたりしています。
ロシアのプーさんだそうです。

ぬくもりのある絵とお話がひとつになったプーさんの世界。
展示を見ていると、作者のミルンと挿絵を描いたシェパードが、どれほど丁寧にその世界を作りあげていったかが伝わってきます。

ちびっこには、クマのいる広い所で遊びまわった記憶が残りそうな展覧会。
展示のあと、プーさんの絵本を読めるコーナーも用意されています。


会場あべのハルカス美術館
開催期間2019年4月27日(土)~2019年6月30日(日)
休館日5月20日、27日の各月曜日
開館時間火~金:10時~20時、月土日祝:10時~18時(入館は各閉館の30分前まで)
所在地大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : https://wp2019.jp/
料金一般 1,500円、大学・高校生 1,100円 、中学・小学生 500円
展覧会詳細へ 「クマのプーさん展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
Bunkamura
リヒテンシュタイン
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 カラヴァッジョ展 富野由悠季の世界 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社