インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」

豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年6月1日
展覧会概要

改修工事で長らく休館していた豊田市美術館(愛知県)が、いよいよリニューアルオープンします。
リニューアルオープンを記念する今展では、“第1章「身体」を開く”、“第2章「日常」を開く”、“第3章「歴史・記憶・社会」を開く”、“第4章「まだ見ぬ世界」を開く”の4つのテーマに沿って、同館のコレクション約150点を全館で展示しています。


展示室によっては年代やジャンルが大きく異なる作品が隣り合っていて、戸惑う場面もありましたが、展覧会初日の6月1日(土)と翌日の2日(日)は入館料が無料ということもあり、家族連れで賑わっていたのが印象的でした。

展示室にて

“第1章「身体」を開く“


展示室に入ると、すぐ目の前に《不在との対話》(塩田千春)があります。
無数の赤い糸がつながれた白いドレスが壁にかかっています。
一見、抜け殻のようなドレスですが、赤い糸が流れ出す血液のようにも見え、ドレスの持ち主の「身体」がないことで、逆に「身体」を強く意識させられます。

周りにいた子供たちも興味を惹かれるようで、赤い糸に触れそうなほど近寄って作品を見ています。
「身体」とは?いきなり難しいクイズを出されたような気分です。

“第2章「日常」を開く”


手前の白い作品は《ホワイト・ディスチャージ(建物のようにつみあげたもの #10)》(金氏徹平)、中央は《レストラン・シティ・ギャラリー》(ダニエル・スペーリ)です。

どちらも、自分たちの身の回りにあるものを作品に取り込んでおり、それを見つけることがゲームのようで、見ていて楽しい作品です。
白い作品は、表から見たときに元の素材がわからなくても、反対側に回り込むことで気づくことがあります。
立体作品を見る時のコツ(作品の周囲を回って見る)を、なにげなく教わっているようです。


2階の展示室に移動する途中、階段の壁面にも作品があります。今日は一日中、どこもかしこも賑やかです。

“第3章「歴史・記憶・社会」を開く”


奥側《廃棄される新聞、自然、蝸牛の体のうちに、空間の力として継起する螺旋がある》(マリオ・メルツ)、右側《ぼろぎれのヴィーナス》(ミケランジェロ・ピストレット)、手前側《解剖学3》(ジュゼッペ・ペノーネ)です。
いずれもアルテ・ポーヴェラ(貧しい美術)の著名な作家の作品です。
思わず、触って感触を確かめたくなるものもあります。
大人でもそうなので、子供ならなおのことでしょう。

作品の方へ走り出しそうな子供の手を、あわてて引き留める親子もいます。
ちなみに《ぼろぎれのヴィーナス》の前に積まれている衣類はすべてイタリア製だそうです。
機会があれば(おそらく、なさそうですが)、すべて洗濯し、畳んであげたいと思います。

“第4章「まだ見ぬ世界」を開く”

最後の展示室内には《おかあさんに心配しないでといって (6)》(ライアン・ガンダー)があります。
1mほどの切り株に白い布をかぶせたような形状の作品を見ると、「まだ見ぬ世界」とは誰にとっての世界なのだろうと、疑問が湧きます。

ここまでの作品では、観客(見る主体)と作品(見られる対象)の関係性にあまり疑問を感じませんでしたが、この作品を前にすると、観客である自分が見られる対象になった、感覚が逆転する違和感を覚えます。

冒頭の白いドレスを見て存在しない身体を想像し、最後の白い切り株のような作品を見て存在しない視線を感じる、興味深いアート体験をしました。 今展は、充実したコレクションの総覧に留まらず、見えない世界を垣間見せてくれる、刺激的な展覧会でもあると思います。

閑話休題



今回のリニューアルでは、レストラン&カフェも内容を一新していました。
新しいお店の名前は「味遊是(ミュゼ)」といい、ヤマザキマザック美術館(名古屋市)の地下にある「壺中天」(ミシュラン、1つ星)が運営しています。
ランチの時間帯は、混雑が予想されるので、多少時間をずらしたほうがいいかもしれません。


当日は、美術館庭園で「MUSEUM MARKET(お庭でマルシェ)」も行われており、たくさんのハンドメイドショップやキッチンカーが出店していました。
快晴に恵まれ、こちらも展示室に負けないくらい賑やかでした。

以上


会場豊田市美術館
開催期間2019年6月1日(土)~2019年6月30日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~17:30
所在地愛知県豊田市小坂本町8-5-1
0565-34-6610
HP : http://www.museum.toyota.aichi.jp
料金一般 300円、高校・大学生 200円、中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「世界を開くのは誰だ?」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社