インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」

MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2019年6月7日
※友治の「友」は、「友」の右上に「ヽ」


江戸時代に活躍した蒔絵師、永田友治。
初めて聞く名前だという方も多いのではないでしょうか。

かつては名高く、素晴らしい作品を残していながら、知る人ぞ知る謎の多い人物です。今回の初の展覧会では、作品だけでなく多数の関連資料も公開され、彼の実像に迫ります。

琳派様式の蒔絵を制作した永田友治は、1711~1716年の正徳年間に、尾形光琳、乾山の近隣に住んでいたことがわかっています。直接の関係性を示す証拠は今のところありませんが、光琳の号である「青々」や「方祝」と大変近い銘を作品に記しています。

共箱 盃共箱蓋表 墨書 「亀貝畵/盃」 盃共箱蓋裏 署名「靑〃子/永田友治」、白文朱方印「友治」(1.6×1.8cm) 合印「+」 貼札 盃台箱蓋表 墨書 「佐久津箱」 盃台箱蓋裏 署名 「靑〃子/永田友治」、黒文方印「友治」(2.0×2.5cm)貼札痕跡
永田友治の作品に用いられている特有の技法としては、合金粉の使用、友治上げ、青漆、刷毛目塗が上げられます。

枝豆蒔絵螺鈿硯箱 1合 24.5×22.4 H5.1
合金粉は、高価な貴金属の金や銀を極力使わず、銅、鉛、錫、亜鉛を中心に混ぜ物として増量材のように工夫されたものですが、独特の美を放ち、時を経ても錆びず美しい色合いを残しています。

つぼつぼ蒔絵盃台(盃盤型)1基 D13.0 H7.7 FD7.1
友治上げは、高蒔絵の下地に使う炭粉や錆漆の下蒔に焼錫粉を用いて、肉上げを一度で可能にした技法で、ぽってりと立体的な風合いに。

青漆は友治がよく使用した深い緑色をヒ素や硫黄、藍などを用いて出したもの。

刷毛目塗はこの時代、珍しい技法ではないものの、漆の粘性を増す豆腐や卵白、膠を加えて刷毛目塗用の刷毛で漆の塗膜に山と谷を作る技法。

絵替蒔絵吸物椀 20客 各 D12 H8.4
こうした技法が用いられたのには、当時の社会背景が大きく影響しています。
金銀粉箔の製造、使用の禁止や、不況によって経済的に厳しい状況にあった町方を相手にしていた永田友治の戦略であり、なるべく安価な材料で、工程は少なく抑えるという工夫だったのです。

どの作品も今までに見たことが無いような美しさと魅力に溢れており、永田友治の作品世界にいつのまにか引き込まれてしまいます。

緑豊かな信楽で、ぜひこの美をご堪能ください。




会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2019年6月8日(土)~2019年7月15日(月)
休館日月曜日(ただし、7月15日は開館)
開館時間10:00~17:00(入館は16:00まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411
HP : http://miho.jp
料金一般 1,100円、高・大生 800円、小・中生 300円
展覧会詳細へ 「謎の蒔絵師 永田友治」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社