インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年6月24日

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」が、京都の細見美術館で開催されています。



タラブックスは、南インドのチェンナイにある出版社です。1994年に設立され、アートに関する本や、子ども向けの絵本などを出版してきました。
なかでも特徴的なのは、手すきの紙に、印刷や製本も手仕事で行うハンドメイドの本。
そんなタラブックスの本づくりを紹介する展覧会です。

会場は3つの展示室にわかれています。

最初の展示室に入ってみます。


『世界のはじまり』 Creation/2014 より
なんとなく面白い雰囲気の絵です。絵のタイトルは “地中の作り手”。

大地や水の起源、生命にまつわる、インドの先住民族の言い伝えが描かれた絵本のなかの一枚です。

その絵本『世界のはじまり』を手にしているのは、タラブックスの代表者のひとり、ギータ・ウォルフさんです。



文学を学び、「好きな本を出版しよう」と、友人たちとタラブックスを立ち上げました。 “タラ” は、サンスクリット語で「星」を表します。

タラブックスの代表作となったのが、下の作品です。


『夜の木』 The Night Life of Trees/2011
『夜の木』という絵本です。
ゴンド族という、インド中央部の先住民族とともにつくられた作品で、原画もゴンド族のアーティストが描いています。

コットンの古布からつくられた紙に、シルクスクリーンという版画の手法で印刷されていて、『夜の木』というタイトルにふさわしく、どっしりとした重みを感じさせます。

次の展示室に入ってみます。


『1 2 3 インドのかずのえほん』One, Two, Tree! /2003 より
こちらは、インドの数の絵本です。
日本ではみかけない動物が、1、2、3、4… 8頭います。
何の動物かというと、なんとハイエナなのだそうです。

本づくりのパートナーは、インドのアーティストだけではありません。


『アンティゴネー』Antigone /2001
こちらはギリシャ悲劇の『アンティゴネー』。アメリカのゲティ美術館とのコラボレーションです。
特注の手すき紙にシルクスクリーン印刷されています。

これは何の本でしょう?


『理想の少年 インドの教育ポスター』An Ideal Boy -Charts from India/ 2001
不思議な雰囲気の少年少女。
「よい子」を示す図など、インドの視覚教材を集めた本だそうです。

教育、文学や美術書から社会問題を扱ったものまで、タラブックスが取り上げるテーマは多彩です。

最後の展示室に入ってみます。


『母なる神の布』The Cloth of the Mother Goddess / 2015
こちらは布でつくられた本。描かれているのは、女神です。観音開きになっていて、祭壇のように見えます。

インドでは、階級制度により寺院に参拝することを禁じられている人々が、女神を木版で刷った布を祭壇代わりに使うそうです。

本の美しさやテーマの面白さもさることながら、少数民族や職人など、弱い立場に置かれがちな人々と、対等な人間同士として向かい合い、本をつくりあげていくプロセスが印象的でした。
木がゆっくりと生長して、実をつけることに似ている気がします。

「つくり手にとって公正であり、読者にとって良いものであること。そのバランスを保ちたい」というギータさん。
タラブックスの本が多くの人を惹きつけ、支持を集めている理由の一つだと感じます。

細見美術館での展示は8月18日(日)まで。このあと、福岡に巡回します。


会場細見美術館
開催期間2019年6月25日(火)~2019年8月18日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~18:00
所在地京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
075-752-5555
HP : http://www.emuseum.or.jp/
料金一般 1,300円、学生 900円
展覧会詳細へ 「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社