インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年6月24日

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」が、京都の細見美術館で開催されています。



タラブックスは、南インドのチェンナイにある出版社です。1994年に設立され、アートに関する本や、子ども向けの絵本などを出版してきました。
なかでも特徴的なのは、手すきの紙に、印刷や製本も手仕事で行うハンドメイドの本。
そんなタラブックスの本づくりを紹介する展覧会です。

会場は3つの展示室にわかれています。

最初の展示室に入ってみます。


『世界のはじまり』 Creation/2014 より
なんとなく面白い雰囲気の絵です。絵のタイトルは “地中の作り手”。

大地や水の起源、生命にまつわる、インドの先住民族の言い伝えが描かれた絵本のなかの一枚です。

その絵本『世界のはじまり』を手にしているのは、タラブックスの代表者のひとり、ギータ・ウォルフさんです。



文学を学び、「好きな本を出版しよう」と、友人たちとタラブックスを立ち上げました。 “タラ” は、サンスクリット語で「星」を表します。

タラブックスの代表作となったのが、下の作品です。


『夜の木』 The Night Life of Trees/2011
『夜の木』という絵本です。
ゴンド族という、インド中央部の先住民族とともにつくられた作品で、原画もゴンド族のアーティストが描いています。

コットンの古布からつくられた紙に、シルクスクリーンという版画の手法で印刷されていて、『夜の木』というタイトルにふさわしく、どっしりとした重みを感じさせます。

次の展示室に入ってみます。


『1 2 3 インドのかずのえほん』One, Two, Tree! /2003 より
こちらは、インドの数の絵本です。
日本ではみかけない動物が、1、2、3、4… 8頭います。
何の動物かというと、なんとハイエナなのだそうです。

本づくりのパートナーは、インドのアーティストだけではありません。


『アンティゴネー』Antigone /2001
こちらはギリシャ悲劇の『アンティゴネー』。アメリカのゲティ美術館とのコラボレーションです。
特注の手すき紙にシルクスクリーン印刷されています。

これは何の本でしょう?


『理想の少年 インドの教育ポスター』An Ideal Boy -Charts from India/ 2001
不思議な雰囲気の少年少女。
「よい子」を示す図など、インドの視覚教材を集めた本だそうです。

教育、文学や美術書から社会問題を扱ったものまで、タラブックスが取り上げるテーマは多彩です。

最後の展示室に入ってみます。


『母なる神の布』The Cloth of the Mother Goddess / 2015
こちらは布でつくられた本。描かれているのは、女神です。観音開きになっていて、祭壇のように見えます。

インドでは、階級制度により寺院に参拝することを禁じられている人々が、女神を木版で刷った布を祭壇代わりに使うそうです。

本の美しさやテーマの面白さもさることながら、少数民族や職人など、弱い立場に置かれがちな人々と、対等な人間同士として向かい合い、本をつくりあげていくプロセスが印象的でした。
木がゆっくりと生長して、実をつけることに似ている気がします。

「つくり手にとって公正であり、読者にとって良いものであること。そのバランスを保ちたい」というギータさん。
タラブックスの本が多くの人を惹きつけ、支持を集めている理由の一つだと感じます。

細見美術館での展示は8月18日(日)まで。このあと、福岡に巡回します。


会場細見美術館
開催期間2019年6月25日(火)~2019年8月18日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~18:00
所在地京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
075-752-5555
HP : http://www.emuseum.or.jp/
料金一般 1,300円、学生 900円
展覧会詳細へ 「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社