インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京オペラシティ アートギャラリー「ジュリアン・オピー」

東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年7月9日
《Walking in New York 1》2019
巨大な作品に思わず息を呑みます。私たちはこの日を待っていました。

今、世界各地で展覧会が開催され、今日の現代アートシーンでは欠かすことができない存在のジュリアン・オピー。
日本の美術館では11年ぶりとなる個展が東京オペラシティアートギャラリーで始まりました。
本展は、絵画、彫刻、映像などの25点と、日本初公開のサウンドアート2点で構成されています。
全て2018~19年の作品でオピー氏の今を感じる展覧会ともいえるでしょう。

「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三

オピー氏の作品は、線と点の最小限の要素で表現されています。
顔のパーツもなくシンプルで輪郭のみの人物像であるにも関わらず、一度見たら忘れられないほどのインパクトがあります。

オピー氏は、実在する人を撮った写真を基に作品を制作しているそうです。
簡素化された線にその人の個性が表現され、私たちは、作品の人物が何を見て、何を考え、どこに向かうのか、そんなことを自然に思い浮かべることができます。

いつの間にか車の行きかう音、人の話し声、信号機の点滅音が聞こえてきます。作品となる人たちと大都会の雑踏に佇む自分の姿が見えるかのようです。

また目を引くのは、太く黒い輪郭線です。
彼は日本の浮世絵のコレクターで、この輪郭線は浮世絵からアイデアを得ているそうです。

一見単純にみえる作品を形成する下地に日本文化が含まれていることは日本人として嬉しく、彼の作品を通して自国の文化を改めて見つめ直す機会にもなります。

「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三

「音楽を聴くかのように、映画を観るかのように、展覧会から物語を感じてほしい。」
今回、オピー氏自身が本展の作品を選んでいます。

どこから見ても、どんな風にみても良いと鑑賞者が自由に楽しめるように、脚立に登ったり床を這いつくばって会場設営をしたこと、昼食を忘れるほど作業に没頭していたことや、誰よりも早く会場入りし鍵が開くのを待っていたことなどのエピソードが内覧会で披露されました。

またオピー氏自身の家族と一緒に会場を回りながら鑑賞し談笑する彼の姿も私にとっては意外に映りました。

クールに見えていた作品には、オピー氏の温かみというスパイスが隠されていたことを知ります。
そのスパイスはこの夏、日本中で人々を病みつきにしていくことでしょう。


「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三


会場東京オペラシティ アートギャラリー
開催期間2019年7月10日(水)~2019年9月23日(月)
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)、8月4日(日・全館休館日)
開館時間11:00~19:00(金・土は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
所在地東京都新宿区西新宿3-20-2
03-5777-8600
HP : http://www.operacity.jp/ag/
料金一般 1,200円、高校・大学生 800円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「ジュリアン・オピー展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社