インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京オペラシティ アートギャラリー「ジュリアン・オピー」

東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年7月9日
《Walking in New York 1》2019
巨大な作品に思わず息を呑みます。私たちはこの日を待っていました。

今、世界各地で展覧会が開催され、今日の現代アートシーンでは欠かすことができない存在のジュリアン・オピー。
日本の美術館では11年ぶりとなる個展が東京オペラシティアートギャラリーで始まりました。
本展は、絵画、彫刻、映像などの25点と、日本初公開のサウンドアート2点で構成されています。
全て2018~19年の作品でオピー氏の今を感じる展覧会ともいえるでしょう。

「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三

オピー氏の作品は、線と点の最小限の要素で表現されています。
顔のパーツもなくシンプルで輪郭のみの人物像であるにも関わらず、一度見たら忘れられないほどのインパクトがあります。

オピー氏は、実在する人を撮った写真を基に作品を制作しているそうです。
簡素化された線にその人の個性が表現され、私たちは、作品の人物が何を見て、何を考え、どこに向かうのか、そんなことを自然に思い浮かべることができます。

いつの間にか車の行きかう音、人の話し声、信号機の点滅音が聞こえてきます。作品となる人たちと大都会の雑踏に佇む自分の姿が見えるかのようです。

また目を引くのは、太く黒い輪郭線です。
彼は日本の浮世絵のコレクターで、この輪郭線は浮世絵からアイデアを得ているそうです。

一見単純にみえる作品を形成する下地に日本文化が含まれていることは日本人として嬉しく、彼の作品を通して自国の文化を改めて見つめ直す機会にもなります。

「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三

「音楽を聴くかのように、映画を観るかのように、展覧会から物語を感じてほしい。」
今回、オピー氏自身が本展の作品を選んでいます。

どこから見ても、どんな風にみても良いと鑑賞者が自由に楽しめるように、脚立に登ったり床を這いつくばって会場設営をしたこと、昼食を忘れるほど作業に没頭していたことや、誰よりも早く会場入りし鍵が開くのを待っていたことなどのエピソードが内覧会で披露されました。

またオピー氏自身の家族と一緒に会場を回りながら鑑賞し談笑する彼の姿も私にとっては意外に映りました。

クールに見えていた作品には、オピー氏の温かみというスパイスが隠されていたことを知ります。
そのスパイスはこの夏、日本中で人々を病みつきにしていくことでしょう。


「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三


会場東京オペラシティ アートギャラリー
開催期間2019年7月10日(水)~2019年9月23日(月)
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)、8月4日(日・全館休館日)
開館時間11:00~19:00(金・土は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
所在地東京都新宿区西新宿3-20-2
03-5777-8600
HP : http://www.operacity.jp/ag/
料金一般 1,200円、高校・大学生 800円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「ジュリアン・オピー展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社