インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  横浜美術館「生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」

横浜美術館「生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2019年7月12日



待望の展覧会が開幕

横浜美術館開館30周年、原三溪没後80年の記念すべき年に「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展が開幕しました。
開会式で横浜美術館の逢坂恵理子館長より「長い間、温められた待望の展覧会」とご挨拶がありました。

また、逢坂館長は三溪と横浜のかかわりについて、横浜美術館は原家から作品の寄贈を受けたほか、関東大震災の時には横浜の復興に尽力した、横浜の恩人でもあると紹介されました。

短い歴史しかない横浜に、歴史という縦糸を、そして若手の作家の支援に対しては、現代という横糸を示したとも語られました。

原家とゆかりの深い横浜


開会式 原信造氏挨拶

ホテルニューグランド会長兼社長、原家5代目、原信造氏よりご挨拶。
同ホテルは、原三溪も創立にかかわった横浜の老舗ホテルです。
ホテルの本館中庭の造園や、各所に飾られた古美術コレクションは、原家との関わりを感じさせます。
ランチビュッフェ割引などもありますので、鑑賞後に立ち寄ってみるのも一興です。

原三溪と展覧会について


原三溪ポートレート 提供 三溪園
原信造氏より、原三溪についてご紹介されました。
「横浜の実業家・原善三郎の孫娘と結婚し、富岡製糸所など生産基地とし、直接ヨーロッパ、アメリカに売り込み成功しました」海外と直接取引で成功したのは、ミキモトパールと、原の生糸だけだったそうです。

美術好きだった原三溪は「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」と多彩な顔を持っていました。
展覧会は、三溪の4つの顔にスポットをあてて構成されており、展示作品の中には信造氏が、見たことのないものがあるそうです。

収蔵作品は、国宝、重要文化財に多数指定され、三溪の審美眼の確かさを物語ります。
また、三溪をはじめ近代数寄者の美術品収集は、明治期の廃仏毀釈や大名家解体による文化財の海外流失を防ぐことにもなりました。
三溪の収集作品は、没後、原家を離れても、国内の美術館に納められています。

若きコレクター原三溪の登場


国宝 《孔雀明王像》平安時代後期(12世紀)、絹本着色・一幅、147.9×98.9cm 東京国立博物館蔵、Image:TNM Image Archives ※展示期間:7月13日~8月7日
三溪が収集した美術品は、5000点を超えると言われています。
その中で、国宝《孔雀明王像》は、35歳の三溪が、古美術収集家として名を世に知らしめたと言われている作品です。

所有者は前蔵相、井上馨。当時としては破格と言われる1万円で購入しました。
毒蛇を食べる孔雀は、病気を沈め、雨乞いや止雨に効果があるとされ、自身もご本尊のように大切していたと伝えられています。金による鍛錬な描写が見事です。

茶人としての原三溪


《志野茶碗 銘 梅が香》桃山時代(16世紀末~17世紀初期)、陶器・一口、高8.3・口径13.5・底径3.8cm、五島美術館蔵 撮影:名鏡勝朗 [展示期間:7月13日~8月7日]
三溪は大正時代に入ると、本格的に茶の湯の世界に入っていきます。
自ら構想した茶室「蓮華院」の完成のころから、茶道具の収集に熱を帯びました。
茶の湯に仏教美術を取り入れるなど、自由闊達に茶を楽しんでいたことが茶会記から伺えます。

写真は、松平不昧の旧蔵品で、おそらく震災の前の大正12年に、不昧旧蔵品を多数入手した中の1つで、2千円で購入しました。
晩年まで茶会記に頻繁に登場し愛用していたことが伺えます。

アーティストとしての原三溪



原三溪《白蓮》昭和6(1931)年、絹本淡彩・一幅、128.0×41.6 cm
三溪は、関東大震災後、美術品の購入を自粛し、幼い頃から描いていた絵画により力を注ぎました。
最も好んだのが蓮の絵です。
この蓮は小林古径に贈り、古径は表具を仏画仕立てとし、三溪に箱書きを依頼しました。三溪はとても喜んだといいます。
アーティストとしての三溪がここまでフォーカスされたのは初めてです。

パトロンとしての原三溪


重要文化財 下村観山 《弱法師》大正4(1915)年、絹本金地着色・六曲一双、各186.4×406.0cm、東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives *展示期間:8月9日(金)~9月1日(日)
三溪は同時代の美術家を支援したパトロンとしても知られています。三溪が最も寵愛したのは下村観山です。

「パトロン」のコーナーには、他館でおなじみの日本絵画が多数、展示されています。
その裏に三溪の尽力があったことに驚きました。

自身も一堂に観ることがなかった名品。三溪の美術館設立の夢を共に見ているようです。
三溪の高い美意識の根源が浮かび上がり、それに基づく偉大な功績に感謝の念が尽きない展覧会です。

※会期中展示替えあり。


会場横浜美術館
開催期間2019年7月13日(土)~2019年9月1日(日)
休館日木曜日
開館時間10:00~18:00、毎週金曜・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
所在地神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
045-221-0300
HP : https://harasankei2019.exhn.jp/
料金一般 1,600円、大高生 1,200円、中学生 600円、小学生以下は無料
展覧会詳細へ 「生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社