インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  豊田市美術館 「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年7月22日
展覧会概要

愛知県の豊田市美術館で「クリムト展」が開催されています。今展はクリムト没後100年と日本オーストリア友好150周年を記念するもので、作品数約120点のうち、25点以上のクリムトの油彩画(国内では過去最多)を含む、大規模なものです。



今春、東京ではクリムトに関連する展覧会がいくつも開催されました。(東京都美術館「クリムト展」、国立新美術館「ウィーン・モダン」、目黒区美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」) そのうちのひとつが愛知県に巡回してきたのですが、出品されている《オイゲニア・プリマフェージの肖像》(豊田市美術館蔵)と、《人生は戦いなり(黄金の騎士)》(愛知館美術館蔵)の2点は、どちらも地元愛知県の美術館の所蔵です。それぞれの美術館の所蔵作品展の折によく見かけていた親しみもあり、今展の展示室で作品を見つけたときには、心の中で「お帰りなさい」と、あいさつしました。

グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》 1913/1914年 油彩、カンヴァス 140×85cm 豊田市美術館

展示室にて

前半ではクリムトの初期作品や弟のゲオルグの作品(金属彫刻)、クリムトに影響を与えた日本の浮世絵や小物などの資料も見ることができます。ゲオルグのレリーフは一見地味な印象ですが、とても興味深いものです。

「Chapter1.クリムトとその家族」展示の様子

「Chapter3.私生活」展示の様子

今展の目玉としては、チラシでも大きく取り上げられた《ユディットⅠ》、日本初公開となる《女の三世代》、オリジナルではありませんが《ベートーヴェン・フリーズ》(原寸大複製)などが上げられると思います。

グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》 1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

《ユディットⅠ》と《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》の額をよく見ると、ずいぶんと手の込んだ装飾が施されています。この額と妖艶な雰囲気のモデルの組み合わせは、作品全体の印象を数段、強めているように思います。これらの額は弟のゲオルグによるものだそうです。

その他に、印象深かったのが風景画です。クリムトと言えば、金色を多用した女性像のイメージが強いのですが、《アッター湖畔のカンマー城Ⅲ》、《丘の見える庭の風景》は、全体に緑の強い画面の中に屋根の赤茶や、草花の白、青、赤、黄がバランスのいいアクセントになっていて、眺めていてとても心地良いものです。

数名の方から感想などを聞きました。中には、東京展を見てきた方がいて、展示室の天井高や、作品の並び順、照明の違いにより、「同じ作品でも印象がガラリと変わる」こともあったそうです。
他にも、「なぜ、クリムトの良い作品が2点も愛知にあるのか?」と、不思議がる方もいました。この点は、確かにとても稀有なことだと思います。

そういえば、会場では金色のペンダントやスカーフなどを身に付けた方を、多数見かけました。密かにドレスコードが出ていたようで、これもクリムト展ならではの光景だと思います。

特設フォトスポット「金のフォトスポット」
会期中は土日祝日のみ、美術館と最寄りの豊田市駅の間で臨時バスが運行されます。

閑話休題

ひょっとしたら、今回の一番の楽しみはミュージアムショップかもしれません。定番のクリアファイルやメモ帳などの文具類も豊富な絵柄がそろっています。しかし、ショップの一番目立つ陳列台には金色の包装のお菓子類の山があります。奥の方には、大人向けに金色のお酒もあります。スーパーの売り場みたいに、買い物カゴまで用意されています。


聞くところによると、特製トートバッグは隠れたヒット商品だそうです。見た目はちょっと地味かもしれませんが、分厚くて重いクリムト展図録を入れてもヘタラない、実用的な優品だそうです。


以上


会場豊田市美術館
開催期間2019年7月23日(火)~2019年10月14日(月・祝)
休館日月曜日
開館時間10:00~17:30
所在地 愛知県豊田市小坂本町8-5-1
0565-34-6610
HP : https://klimt2019.jp/
料金一般 1,600円、大学生 1,300円、高校生以下無料
展覧会詳細へ 「クリムト展 ウィーンと日本 1900」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社