インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館 「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」

京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年8月8日
会場風景 ミケランジェロ・ピストレット《ぼろきれのビーナス》

今日着ている服はどのように選びましたか?

京都国立近代美術館で「ドレス・コード?——着る人たちのゲーム」展が開催中です。
約5年に一度、同館と京都服飾文化研究財団(KCI)によって開催される企画展。
ファッションに関する展示というと歴史的変遷やまたはファッションデザイナーにスポットをあてたものが多い中、今回は、着ることを通して社会との関係性を考えてみようというもの。
「毎日服を選び、着る」、それは「見る/見られる」ことでもあり、自分と他者との関係性、社会や特定の文化での立ち位置を暗黙のルールに基づき意識させられます。

わかると頷きつつも、改めて向き合うこととなった時間は新鮮でした。

コムデギャルソン/川久保玲 ドレス

タオ コムデギャルソン/栗原たお コート ビューティフルピープル/熊切秀典 コート、セーター、パンツ、ベルト、サンダル アンリアレイジ/森永邦彦 コート、タイツ、パンプス、サングラス

本展はKCIが所蔵する衣装コレクションや映像、写真作品、インスタレーションなど約300点が13のセクション(コード)に分かれて紹介されています。

「裸で外を歩いてはいけない?」「組織のルールを守らなければならない?」「他人の眼を気にしなければならない?」各セクションに掲げられたタイトルは、そう、全て疑問符なのです。
本展担当の牧口学芸員は「自分の問題として謎解きをするように展覧会をみてほしい。」と話されます。

……1コード進むにつれ、私は着るという行為の奥深さを実感することとなります。


会場風景 ハンス・エイケルブーム《フォト・ノーツ 1992-2019》
特に印象に残ったのはオランダの作家ハンス・エイケルブームの《フォト・ノーツ 1992-2019》です。
彼が、同じ日に同じ場所で通り過ぎる人たちの写真を他人にわからないように撮影した作品が壁一面に並んでいます。
同じロゴのTシャツや鞄を持つ人たち、ピンクのダウンジャケットを着る女性たち。

ほんとに?と思わず言いたくなる光景を前に、おもわず笑ってしまいますが、次の瞬間には自分もそこにいるのではないかと恥ずかしくなっていきました。

自分らしさを出すために服を選んでいても、社会の大きな枠の中での小さなことに過ぎないと実感せざるを得ない反面、同じような「らしさ」が増殖し、社会に新しい枠ができていく。私たち一人一人と社会との関係はなんて面白く絡まっているのでしょうか。

着るという日常的行為は無意識に通り過ごせるものであり、意識すると行きつく先が見えないほどの深さがあります。これは、食べる・寝るといった他の日常行為にも通じるのではないでしょうか。

生きているだけで実は社会と密に繋がっている、生きていくためのヒントは、遠くて高いところばかりにあるものではないとも教えられているようです。

13の問いかけは、予想以上に心の奥に響いていきます。


ルイ・ヴィトン/ニコラ・ジェスキエール 背景には都築響一の写真作品
明日から私は何を選び、何を着るのだろうか…と帰路につき、着古した部屋着でこのレポートを書くのでした。


マームとジプシー《ひびの、A to Z》

会場京都国立近代美術館
開催期間2019年8月9日(金)~2019年10月14日(月・祝)
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)
開館時間9:30~17:00(金・土は21:00まで、入館は閉館30分前まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111
HP : https://www.kci.or.jp/dc
料金一般 1,300円、大学生 900円、高校生 500円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社