インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  チームラボ「下鴨神社 糺の森の光の祭」

チームラボ「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年8月17日

京都の下鴨神社にて、チームラボのアート展「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ」が開催されています。

京都でもっとも古い神社のひとつといわれる下鴨神社と、デジタル技術を駆使して展示を行うチームラボ。 意外な取り合わせに興味をひかれ、足を運んでみました。

イベントが始まるのは日が暮れてからですが、明るいうちに神社に向かうと、参道に大きな卵が並んでいるのが目に入ります。

巨大な卵は、辺りが暗くなるにつれ光を放ちはじめ‥ 日が落ちるころ、いよいよ開場です。



赤、青、緑…
光る卵に手を触れて揺らすと、その動きに反応して、光の色が変わっていきます。



卵を揺らしたり、写真を撮ったり。皆、思い思いに楽しんでいます。

参道を進むと、木々の向こうに動物や人があらわれます。



ウサギ、牛車に乗ったカエル、踊る人々など‥
長い参道を、わたしたちと同じ歩調でゆったりと進んでいきます。

これは、あらかじめつくられた映像を流しているのではなく、コンピュータプログラムで、そのとき、その場でしか見れない動きを描いているのだそうです。

鳥居に到着しました。



この辺りから卵の数が増えていき、ついには下の写真のような卵の密集地帯に入ります。
(ここを通らずに進むこともできます)



卵をおしわけ、かきわけ。卵の弾力を全身で感じます。


卵の迷宮を抜け、楼門(ろうもん)に到着。



楼門をくぐったところです。

大きな玉が空中に浮いていて、触れて動かすとやはり色が変わります。
非日常の光景に見入る人、玉を動かして遊ぶ人、ポーズをとって写真を撮る人。

楼門も光の変化を受けて、刻々と表情を変えていきます。

敷地の奥のほうにある御手洗(みたらい)池に向かってみます。



上の写真は、左のほうで誰かが卵に触れ、黄色の卵が水色に変化していくところ。
ひとつの卵の色が変わると、卵から卵へと色の変化が伝わっていきます。

近くのものの影響をうけて次々と反応が起こっていくのは、実際の生命体と似ている気がします。
気が済むまで卵を眺め、本殿に参拝して、神社をあとにしました。

***
帰り道、「アー面白かった、よう遊んだ」といった声があちこちから聞こえてきました。本当に、厳かな神社でこんなに遊んでいいのかな? と思うくらい、皆が童心にかえっていました。

一方、まだ辺りが明るいうちに見た卵もよかったなぁ、と思います。
糺の森に棲む無数の生命を象徴しているかのような、大きな白い卵。
自然に手を加えず、「自然が自然のままアートになる」ことを見せてくれていた気がします。


会場下鴨神社
開催期間2019年8月17日(土)~2019年9月2日(月)
開館時間18:30~22:00
所在地京都市左京区下鴨泉川町59
0570-200-888
HP : http://www.emuseum.or.jp/
料金平日 1,300円 / 土日1,500円   
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社