インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」

MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年9月13日

滋賀県のMIHO MUSEUMで「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」が開催されています。
岡山県備前市の伊部(いんべ)地域を中心に生産されている備前焼。
時代順に3つの章で紹介されています。

「Ⅰ章 源流としての備前焼」では、桃山時代から江戸時代にかけての作品が並びます。
まずは、ひょうたん型の徳利がお出迎え。


瓢形徳利(ひさごがたとくり) 銘 くくり猿 桃山時代 MIHO MUSEUM

ぐにゃりと首をかしげた徳利。胴の下の部分にもくぼみがあり、手に持ったとき、親指と人差し指がちょうどおさまる形になっています。
「備前徳利、お酒がうまい」という言い回しが昔からあるそうで、実際にお酒を注いでみたくなります。

下の作品も、ひょうたん型です。


備前瓢形茶入(びぜんひさごがたちゃいれ)桃山時代 MIHO MUSEUM

お茶の葉を入れる器です。
表面が釉薬(うわぐすり)に覆われておらず、絵付けもなく、土の表情が出る備前焼。
桃山時代、茶をたしなむ人々に愛好され、多くの器がつくられました。
ちなみに赤い色は、原料となる土に鉄分が多く含まれていることと関係があるそうです。

下も、茶席で使われた器です。


耳付花入(みみつきはないれ) 銘 シバノ戸 桃山時代

どっしりとした花入(はないれ)。
「備前の花入、花が長持ち」という言い回しもあり、花の持ちのよさや、水の腐りにくさが経験的に知られているようです。


陶板 桃山時代 人間国宝美術館

直径50~60cmくらいの分厚い陶製の板です。
大きな甕(かめ)などを焼くとき、甕にフタをするようにこの板を置き、さらにその上に小さな器をのせて、たくさんの器を一度に焼きました。
丸い模様のように見えるのは、上にのせていた器のあとです。
人に見せることを前提にしていない分、土のむき出しのエネルギーを感じます。

「Ⅱ章 近代の陶芸家と備前焼」では、昭和から平成にかけて活躍した6名の陶芸家による作品が紹介されています。


伊勢﨑満 緋襷荒土大壺(ひだすきあらつちおおつぼ)(1970年)

あざやかな緋色が目を引く壺。
少し大きな砂粒のようなものが混じった肌合いです。
備前焼の原料となる土は、主に田んぼの下から採られています。 きめの細かい粘土ですが、ここでは山の粗い土を混ぜ入れているそうです。

「Ⅲ章 現代の備前焼」では、現在活躍中の9名の作家による作品が紹介されています。



作家の一人、森陶岳(もり とうがく)氏による作品です。

下の写真も森氏の作品の一つです。


森 陶岳 砂壺 (1970年)東京国立近代美術館

火山の岩が壺に姿を変えたかのような風合い。
河川工事で出てきた土を混ぜて使っているそうです。


島村 光 群雀(むれすずめ) (2002年)

チュンチュンと可愛い声が聞こえてきそう。なんとなく、おいしそうでもあります。


こうした陶芸の展示を見ると、つい作品に触りたくなります。
そう思うのは陶芸家も同じ、というよりそれ以上の思いがあるようで、土や陶器に触れたくなるのは「人類の郷愁」という、ある陶芸家の言葉が紹介されていて印象的でした。
「人も土から生まれ、いずれ土に還る存在だから」と。

最初から最後まで「The 土」とでも呼びたくなるような備前焼の世界。
MIHO MUSEUMのあと、兵庫、岡山、愛知を巡回します。


会場MIHO MUSEUM
開催期間2019年9月14日(土)~2019年12月15日(日)
開館時間10:00~17:00(入館は16:00まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411
HP : http://miho.jp
料金一般 1,100円、高・大生 800円、小・中生 300円
展覧会詳細へ 「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社