インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立科学博物館「風景の科学」

国立科学博物館企画展「風景の科学展 芸術と科学の融合」

文 [エリアレポーター]nakane / 2019年9月25日


その目的も方法も全く異なる「芸術」と「科学」。
二つを合わせてみたら、どんな世界が見えてくるだろう?
本展は、芸術作品を科学の視点から捉えることで、両者の「融合」を試みる展示です。

会場には、写真家 上田義彦氏が世界中で撮影した風景写真と、国立科学博物館の研究者による解説が並びます。


グレンコー(スコットランド) ©写真 上田義彦

写真に写されたものは何か?
解説によって自然科学の知識を得ると、さっき見た写真の中にも、気づかなかった新たな風景が見えてきます。キャプションひとつひとつを丁寧に読み進めたくなります。
印象深かった写真解説を2点挙げてみます。

1つ目は、イスタンブール[トルコ]の写真にそえられた解説パネル11「航路」です。
イスタンブール(トルコ)の海峡を、波しぶきをあげながら船が進みます。
植物学研究者の解説によると、波しぶきの起こり方には、そこにいるプランクトンの活動も関係するのだそう。
船によって引き起こされた波に、ダイナミックな生命活動が感じられます。

2つ目は、マウイ島[ハワイ]の写真にそえられた解説パネル18「マウイ島のビーチでくつろぐハワイモンクアザラシ」です。
マウイ島(ハワイ)での和やかな光景を捉えた写真ですが、解説でこのアザラシが絶滅の危機に瀕していることが伝えられると、いつか見られなくなってしまうかもしれない貴重な一瞬に思えます。

「融合」のための方法は、テキストだけではありません。
被写体や解説の対象となった動植物の化石や標本、はく製などの実物資料もあり、科学博物館ならではの、見応えのある展示になっています。

また、会場のいちばん奥には、球体状のディスプレイが映像を映し出す「デジタル地球儀」が設置されています。
この地球儀は、大陸プレートが移動する映像などを通して、写真に写された風景の成立過程を、より大きなスケールで視覚的かつ直感的に教えてくれます。


ガンジスカワイルカ頭骨 所蔵:国立科学博物館 ©写真 上田義彦

様々な展示装置によって、風景の歴史的背景や物理的な構造、被写体同士の関係性が浮かび上がるため、多面的に立体的に写真を見るという新鮮な体験が出来ました。

鑑賞後も、「他分野の研究者が見るときは、一体どう見えるだろう?」
「普段目にする景色の中にも、見方を変えると現れる面白い事実があるのでは?」
などと、考えてみたくなる展示でした。


会場国立科学博物館
開催期間2019年9月10日(火)~2019年12月1日(日)
開館時間9:00~17:00、金曜・土曜日、11月3日(日)は20: 00まで。10月31日(木)、11月4日(月・祝)は18:00まで。入館は各閉館時刻の30分前まで。
所在地東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.kahaku.go.jp/
料金一般・大学生 630円、高校生以下および65歳以上 無料
展覧会詳細へ 「風景の科学」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
nakane nakane
作品自体もそうですが、展示されている空間も好きです。展示風景や雰囲気など、図録や公式HPの記録には残りづらいことを、一ファン目線で捉え、共有出来たらなと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社