インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  県立神奈川近代文学館「特別展 中島敦 ― 魅せられた旅人の短い生涯」

県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」

文 [エリアレポーター]nakane / 2019年10月4日


本展は、中島敦(1909~1942)の人生とその仕事を追った展覧会。
小説『山月記』(1942.02)の著者であり、教科書ではお馴染みのあの方です。

第1部 放浪する魂



展示室に入ると直ぐ、真正面に中島が旅行で使用したトランクケース(上の写真右手前)が展示されています。
東京生まれの中島ですが、両親の離別や父親の転勤で、幼いころから埼玉、静岡、朝鮮・京城(現ソウル)の地を転々とします。その後も旅行や病気療養のため、中国・大連やパラオを訪れています。
また、作家を志しながらも中々世に出る機会を得られませんでした。

第1部では、そんな苦悩の日々が「放浪」と名付けられます。実際に使用されたトランクケースとともに、彼の足跡を辿る“旅”が始まります。







父は漢文教師、祖父と伯父は漢学者という家系に生まれた中島。自身も成績は優秀で、
学生時代から学内の雑誌で、実体験に基づいた作品を発表しています。1933年(23歳)には、中島は横浜高等女学校で教員の職を得て、1941年(32歳)まで横浜に暮らします。
大学在学時に知り合い、結婚した、妻・タカとの間には2人の息子も生まれました。

展示では、中島が実体験で得た知識や経験が蓄積されていく様や、手に入れた知識と経験が各作品にどのように落とし込まれていったのかが、わかりやすく解説されています。

作品からは見えてこない、教員や、夫、父親としての一面も垣間見ることが出来ます。1941年、中島は南洋庁国語編修書記として赴任したパラオから、息子に宛てた手紙を書いています。
現地に伝わる昔話や、自生する植物について、イラスト付きで説明する優しい文章が印象的でした。





上は『山月記』と『文字禍』の展示コーナー。1942年2月(32歳)、この2作が「文学界」に掲載されたことで、初めて作家として中島の名が世に出ます。大きな文字装飾が配され、他のコーナーと比較すると特別感があります。

第2部 実りのとき







漸く念願の作家デビューを果たした中島でしたが、喘息のため、同年12月4日に33歳の若さで亡くなります。
その間僅か8か月。

短いながらも、作家としては最も充実した時期だったそうです。1942年7月に作品集「光と風と夢」、同11月に「南島譚」が刊行されますが、生前の刊行物はこの2点だけでした。
未発表のまま遺された原稿が、その後公表されるに至った経緯も解説されていました。

第3部 生きている中島敦






中島の作品は、教科書へ採用されることで多くの人の目に触れることになります。
また、現代文学や演劇といった他分野へも影響を与えています。

本展のおわりに、中島を主人公にした漫画「文豪ストレイドッグス」や『悟浄出世』に着想を得て制作されたアニメ映画「バケモノの子」の展示コーナーがありました。短い生涯のうちに残された中島の作品が、実に様々な仕方で展開されていることがわかります。

最後に、展覧会会場の県立神奈川近代文学館の近くには、中島の碑がある外国人墓地や、中島が通勤に使用した山手本通り、横浜高等女学校跡(現在は元町幼稚園となり記念碑がある)など、ゆかりの地が点在しています。
中島の見た情景を思い描きながら散策してみるのも面白いのではないでしょうか。

会場県立神奈川近代文学館
開催期間2019年9月28日(土)~2019年11月24日(日)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
所在地 神奈川県横浜市中区山手町110
045-622-6666
HP : https://www.kanabun.or.jp/
料金一般 250円、20歳未満および学生 150円、65歳以上・高校生 100円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
nakane nakane
作品自体もそうですが、展示されている空間も好きです。展示風景や雰囲気など、図録や公式HPの記録には残りづらいことを、一ファン目線で捉え、共有出来たらなと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社