インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  県立神奈川近代文学館「特別展 中島敦 ― 魅せられた旅人の短い生涯」

県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」

文 [エリアレポーター]nakane / 2019年10月4日


本展は、中島敦(1909~1942)の人生とその仕事を追った展覧会。
小説『山月記』(1942.02)の著者であり、教科書ではお馴染みのあの方です。

第1部 放浪する魂



展示室に入ると直ぐ、真正面に中島が旅行で使用したトランクケース(上の写真右手前)が展示されています。
東京生まれの中島ですが、両親の離別や父親の転勤で、幼いころから埼玉、静岡、朝鮮・京城(現ソウル)の地を転々とします。その後も旅行や病気療養のため、中国・大連やパラオを訪れています。
また、作家を志しながらも中々世に出る機会を得られませんでした。

第1部では、そんな苦悩の日々が「放浪」と名付けられます。実際に使用されたトランクケースとともに、彼の足跡を辿る“旅”が始まります。







父は漢文教師、祖父と伯父は漢学者という家系に生まれた中島。自身も成績は優秀で、
学生時代から学内の雑誌で、実体験に基づいた作品を発表しています。1933年(23歳)には、中島は横浜高等女学校で教員の職を得て、1941年(32歳)まで横浜に暮らします。
大学在学時に知り合い、結婚した、妻・タカとの間には2人の息子も生まれました。

展示では、中島が実体験で得た知識や経験が蓄積されていく様や、手に入れた知識と経験が各作品にどのように落とし込まれていったのかが、わかりやすく解説されています。

作品からは見えてこない、教員や、夫、父親としての一面も垣間見ることが出来ます。1941年、中島は南洋庁国語編修書記として赴任したパラオから、息子に宛てた手紙を書いています。
現地に伝わる昔話や、自生する植物について、イラスト付きで説明する優しい文章が印象的でした。





上は『山月記』と『文字禍』の展示コーナー。1942年2月(32歳)、この2作が「文学界」に掲載されたことで、初めて作家として中島の名が世に出ます。大きな文字装飾が配され、他のコーナーと比較すると特別感があります。

第2部 実りのとき







漸く念願の作家デビューを果たした中島でしたが、喘息のため、同年12月4日に33歳の若さで亡くなります。
その間僅か8か月。

短いながらも、作家としては最も充実した時期だったそうです。1942年7月に作品集「光と風と夢」、同11月に「南島譚」が刊行されますが、生前の刊行物はこの2点だけでした。
未発表のまま遺された原稿が、その後公表されるに至った経緯も解説されていました。

第3部 生きている中島敦






中島の作品は、教科書へ採用されることで多くの人の目に触れることになります。
また、現代文学や演劇といった他分野へも影響を与えています。

本展のおわりに、中島を主人公にした漫画「文豪ストレイドッグス」や『悟浄出世』に着想を得て制作されたアニメ映画「バケモノの子」の展示コーナーがありました。短い生涯のうちに残された中島の作品が、実に様々な仕方で展開されていることがわかります。

最後に、展覧会会場の県立神奈川近代文学館の近くには、中島の碑がある外国人墓地や、中島が通勤に使用した山手本通り、横浜高等女学校跡(現在は元町幼稚園となり記念碑がある)など、ゆかりの地が点在しています。
中島の見た情景を思い描きながら散策してみるのも面白いのではないでしょうか。

会場県立神奈川近代文学館
開催期間2019年9月28日(土)~2019年11月24日(日)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
所在地 神奈川県横浜市中区山手町110
045-622-6666
HP : https://www.kanabun.or.jp/
料金一般 250円、20歳未満および学生 150円、65歳以上・高校生 100円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
nakane nakane
作品自体もそうですが、展示されている空間も好きです。展示風景や雰囲気など、図録や公式HPの記録には残りづらいことを、一ファン目線で捉え、共有出来たらなと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社