インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」

名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年10月25日
展覧会概要

美術館前の大パネル
名古屋市美術館で「カラヴァッジョ展」が始まりました。カラヴァッジョというのは通称で、本名はミケランジェロ・メリージ(1571-1610)といい、イタリアでは誰もが知る国民的画家です。

光と闇を強調した劇的で写実的な表現が特徴で、現存する作品が少ないこと、美術史的な評価が高いことからイタリアの至宝とも言われています。
イタリア国外への貸出が厳しいことも周知のことです。

巨大なフォトスポット
これまでに、日本国内でカラヴァッジョの展覧会が開催されたのは2001-2002年(東京都庭園美術館、岡崎市美術博物館)と、2016年(国立西洋美術館)の2回のみです。
3回目となる今回は、北海道立近代美術館、名古屋市美術館、あべのハルカス美術館を巡回します。

先行した北海道立近代美術館では、予定されていた作品の一部が届かないというショッキングなニュースがありました。
その影響を心配したのですが、名古屋市美術館では《ゴリアテの首を持つダヴィデ》、《洗礼者聖ヨハネ》をはじめ、予定通りの作品が揃ったようで、楽しみに出かけました。

展示室にて

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 《リュート弾き》 1596-97年頃 個人蔵
リュートを手にした人物が、こちらを見ています。
リュートのヘッドとネックはとても立体的で、まるでこちらに突き出しているかのようです。
テーブル上の楽譜、花瓶など、細かいところまで写実的に描かれています。

本作は、今展カタログの表紙にも使われていて、素直に美しいと思える作品です。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 《法悦のマグダラのマリア》 1606年 個人蔵
白っぽい衣装の人物が座っています。薄く口を空け、虚ろな表情で、斜め上を見上げています。
半眼になった目元には、涙がにじんでいるようです。
黒い背景と右下のドクロが不気味ですが、左上のあたりが少し明るくなっていて、その下にうっすらと十字架が見えることから、約束された救済も示されているようです。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 《洗礼者聖ヨハネ》 1609-10年 ローマ、ボルゲーゼ美術館蔵 © Ministero per i beni e le attività culturali – Galleria Borghese
ヨハネといえば、伝統的に十字架状の葦の杖を持ち、角のない子羊と一緒に描かれるそうですが、本作では、ただの棒と角のある雄羊と一緒に描かれています。

これらの意匠の変更にどのような意味が込められているのか、研究者により多くの解釈が出され、いまだに定説はないようです。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 《ゴリアテの首を持つダヴィデ》 1609-10年頃 ローマ、ボルゲーゼ美術館蔵 © Ministero per i beni e le attività culturali – Galleria Borghese
作品の前に立つと、中央のダヴィデよりも右下のゴリアテに目が吸い寄せられます。
鈍く光る眼、唾液が垂れそうな口、血の滴る首など、上気したダヴィデの上半身とあいまって戦いが終わって間もない臨場感があります。
左上に幕のようなものが見えるので、野営テントに戻ったダヴィデが王様に戦いの報告をしている様子かもしれません。

《洗礼者聖ヨハネ》と《ゴリアテの首を持つダヴィデ》は、名古屋市美術館での展示の目玉となるツートップで、特に《ゴリアテの首を持つダヴィデ》は日本初公開という特別な作品です。

展示室風景
今展では、カラヴァッジョ以外の作品にも注目して欲しいと思います。
例えば、アルテミジア・ジェンティレスキの《スザンナと長老たち》です。
他の作品との違いは、なんだと思いますか?(ヒントは、キャプションにあります)

今展のキャッチコピーは「才能か。罪か。天才画家の光と闇。」です。
歴史上、天才と呼ばれる人物は数多くいますが、カラヴァッジョを超える天才となると、すぐには思いつきません。
ちなみに、2016年の展覧会のキャッチコピーは「ルネサンスを超えた男。」でした。

以前の展覧会にもまして、見れば見るほど発見のある展覧会です。会期中に作品入替はありませんが、ぜひもう一度見に行きたいと思います。

閑話休題

今回も、ミュージアムショップが充実しています。

グッズであふれるミュージアムショップ
ところで、北海道立近代美術館のカラヴァッジョ展のフォトスポットは《メドゥーサの盾(第一ヴァージョン)》でした。
あべのハルカス美術館では、どのようなフォトスポットが出迎えてくれるでしょうか。こちらも楽しみです。

フォトスポット 北海道立近代美術館ロビー
※ 館内の写真はプレス向け内覧会で特別に許可を得て撮影したものです。

会場名古屋市美術館
開催期間2019年10月26日(土)~2019年12月15日(日)
休館日月曜日(11月4日は開館)、11月5日
開館時間9:30~17:00(毎週金曜日は20:00まで、入場は閉館30分前まで)
所在地愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
052-212-0001
HP : http://m-caravaggio.jp/
料金一般 1,600円、高校・大学生 1,000円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「カラヴァッジョ展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社