インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」

岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年11月3日
展覧会概要

広くなった南門(正門)
岐阜県美術館が1年間の改修工事を終え、リニューアルオープンしました。
記念の展覧会は、「ETERNAL IDOL」、「セカンド・フラッシュ」、「イメージする力、生きる力 ある日の『美術と教育』の出来事」の3本立てです。しかも、年内は入館料が無料です。

基本理念は「美とふれあい、美と会話し、美を楽しむ」です。
これまで以上に、岐阜県美術館を身近に感じられそうです。リニューアルオープンの初日は、オープニングセレモニーの他、日比野克彦館長や出展作家のトークなどもあり、終日にぎわっていました。

オープニングセレモニーであいさつする日比野館長

リニューアルオープン特別企画1 「ETERNAL IDOL」

展示室入口
今回の3つの企画展では、それぞれの展示が「過去」、「現在」、「未来」を見せるように構成されています。
「ETERNAL IDOL」で展示されている作品は1800年代から1950年頃までのものが多いので、おそらくここが「過去」の展示だろうと思います。
けれど、少数ですが、2000年代の作品も含まれており、不思議に思いました。

キュレータートークで聞いたところ、単純に古い年代の作品を選んだわけではなく、新旧を混在させることで、観客に「過去から現在」、「現在から過去」への複数の視線を意識してもらう狙いがあるそうです。

会場の観客にリニューアルの感想を聞いたところ、「見慣れた作品をまた見ることができて安心した」という声がありました。
確かに、オディロン・ルドンや山本芳翠など、久しぶりに見て、懐かしく感じる作品も多く展示されています。

リニューアルオープン特別企画2 「セカンド・フラッシュ」

展示室入口
リニューアル工事の期間中、岐阜県美術館では美術館以外の場所でアートプロジェクトやアーティストインレジデンスを行いました。
「セカンド・フラッシュ」では、その成果を見ることができます。

出展しているのは「ナデガタインスタントパーティー」、「平野真美」、「松本和子」、「宮田篤+笹萌恵」の4組の作品です。
この展示は、おそらく「現在」だと思います。

アーティストトーク(平野真美)

中でも、平野真美による《蘇生するユニコーン》と《手のためのタピスリー》はとても気になる作品です。
不思議な生命感があり、思わず触って、呼吸を確かめたくなります。(タッチは禁止)
瀕死のユニコーンを生命維持装置につないで見せることで、空想の生物の存在と、絶滅の危機というフィクションに立ち会っているようです。

リニューアルオープン特別企画3 「イメージする力、生きる力」

展示室入口
主に、小中高校の児童・生徒の作品が展示されています。
作品数は200点以上あり、展示室の壁一面が、作品で埋まっています。
作品を見ながら、これまでの美術教育とこれからの美術教育を考えてもらう狙いもあるそうです。
この展示は「未来」だと思います。

日比野館長によるギャラリートーク

展示室入口で《店番をする犬》から作品リストをもらう

閑話休題

旧レストランはアートコミュニケーターズルームに変身

現在、岐阜県美術館ではアートコミュニケーター(愛称:~ながラー)を募集しています。
リニューアルした美術館と地域の人々、作品、文化をつなぎ、新しい価値や関係を模索する試みです。来春からの活躍が楽しみです。

会場岐阜県美術館
開催期間2019年11月3日(日)~2020年1月5日(日)
(リニューアルオープン特別企画1 ETERNAL IDOLのみ12月20日まで)
休館日月曜日(祝・休日の場合は翌平日) 2019年12月23日(月)~1月3日(金)
開館時間10:00~18:00
所在地 岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
058-271-1313
HP : https://kenbi.pref.gifu.lg.jp
料金無料
展覧会詳細へ 「特別企画1 ETERNAL IDOL」 詳細情報
「特別企画2 セカンド・フラッシュ」 詳細情報
「特別企画3 イメージする力、生きる力 ある日の「美術と教育」の出来事」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社