インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」

京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年11月1日

「円山応挙から近代京都画壇へ」が、京都国立近代美術館で開かれています。



金箔にひかれて、行ってきました。

円山応挙は江戸時代中期の画家で、写生を重視したことに特徴があります。
この展覧会では、円山応挙とその流れを受け継ぐ画家たちの作品が、四つの章(応挙、動物、人物、風景)で紹介されています。

まずは「すべては応挙にはじまる。」の章から。
展示会場に入ってすぐに目に入るのは、応挙による襖絵です。


重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795年) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示(~12/15)
金箔に墨一色で描かれていますが、見る角度や光の当たり方によって、松の幹は茶色に、松葉は緑色に見えるとのこと。
「思い込みによる目の錯覚ではないか」と思いましたが、少し離れて立ち位置を変えると、本当にそのように見えます。
墨は原料により粒子の細かさがちがうため、光の当たり具合によって発色が変わるものがあるそうです。

襖は兵庫県香美町(かみちょう)にある大乗寺というお寺のもので、本尊である十一面観音の写真も掲げられています。



本来は仏を前にして座り、襖は背後にあります。
美術展では襖絵が主役となりますが、「できれば本来のように襖絵を背中に感じていただきたい」と大乗寺の副住職が話されていました。
360度、仏の世界にひたる空間になるのではないかと思います。

応挙には、下のような作品もあります。


重要文化財「写生図巻(乙巻)」(部分)円山応挙 明和7年~安永元年(1770-72) 株式会社千總蔵 前期展示(~11/24)
身の回りの植物や動物をスケッチし、さらに清書したもの。

写生重視の姿勢は、手本や型が重んじられていた時代にあっては画期的なことで、当時台頭していた町民衆などからも絶大な人気を得たそうです。


「娘深雪」上村松園 大正3年(1914)足立美術館蔵 前期展示(~11/24)

左のほうに写っているのは、上村松園の作品「娘深雪(むすめみゆき)」です。なぜこのような可憐な表情ができるのかと思います。
上村松園は京都に生まれ、明治時代から昭和にかけて活躍した画家です。
応挙の流れに連なる四条派という流派に学び、人物画で独自の世界を築きました。
(ちなみに四条派は、現在、京都のメインストリートである四条通に住む画家が多かったことからそう呼ばれるようになったそうです。)

次の「孔雀、虎、犬。命を描く。」の章では、動物をモチーフとした作品が集められています。


「花卉鳥獣図巻(上巻)」(部分)国井応文・望月玉泉 江戸時代後期~明治時代 京都国立博物館蔵 前期展示(~11/24)
手前に写っているのは、長さが10メートルを超える絵巻物です。
細密に描きこまれ、動物や草花の名がふりがな付きで添えられていて、まさに図鑑です。
(まん中のあたりに写っている黒っぽいものは熊です。)

次の「美人、仙人。物語を紡ぐ。」の章では、応挙による美人画などが紹介されています。

最後は「山、川、滝。自然を写す。」の章です。


「小雨降る吉野」(左隻)菊池芳文 大正3年(1914) 東京国立近代美術館蔵 前期展示(~11/24)
押し寄せるような桜の花びら。現実の季節は冬に向かっていますが、絵の前に立つとあたたかな春の空気を感じます。

・・・
この展覧会は、前期(~11/24)と後期(11/26~12/15)で大幅な展示替えがあります。

また、別の階では展覧会のテーマに合わせたコレクション展(収蔵品展)「円山・四条派の系譜」が開催されていて、竹内栖鳳(たけうち せいほう)など見ごたえがある作品がそろっています(~12/22)。

応挙は単に見たままを写せばよいと考えていたわけではなく、「万物の形を写して気を写すべし」という言葉をのこしています。 自然の気を感じる展示空間は、美術館の外の風景と地続きのようにつながっています。

会場京都国立近代美術館
開催期間2019年11月2日(土)~2019年12月15日(日)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
0748-82-3411
HP : https://okyokindai2019.exhibit.jp/
料金一般 1,500円、大学生 1,100円、高校生 600円
展覧会詳細へ 「円山応挙から近代京都画壇へ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社