インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」

国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2019年10月18日
日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念して東京・上野の国立西洋美術館では、「ハプルブルク展」を開催しています。

「ハプスブルク家」と聞くとまずフランス王妃マリー・アントワネットの実家、そしてその母である女帝マリア・テレジアなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。

「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ。」という言葉が残されているように、ハプスブルク家の略系図を見ると、拠点のオーストリアから神聖ローマ皇帝、スペイン王国、フランス、トスカーナと彼らの血族、姻族は広がっていきます。
ヨーロッパの王室で次々と血を流すことなく、その血筋を広げていったというのは驚きです。

本展はそんな名門中の名門、ハプスブルク家の秘宝の数々を見ることができます。


中央 ラファエロ・サンツィオ(カルトン)、ヤーコブ・フーベルス(父)の工房(織成)《アナニアの死》、連作〈聖ペテロと聖パウロの生涯〉より ブリュッセル 1600年頃、ウィーン美術史美術館、美術工芸館

ハプスブルク家の基礎を築いたマクシミリアンⅠ世の肖像を見て広い展示室に降りると大きなタペストリーと甲冑の展示の豪華さに息をのんでしまいます。


甲冑の展示風景

これらの甲冑は15~16世紀のものとは思えないほどピカピカに磨かれていました。
細かい細工の美しさに目を奪われながら、これを身に着けるとどのくらいの重さなのか、視野はどれくらいなのか、そんなことを考えていました。


手前 作者不詳、大美椰子の水差し 南ドイツ(アウクスブルク?)、16世紀第四四半世紀、ウィーン美術史美術館、美術工芸館

本展では贅沢な調度品も見ものです。
写真手前の水差しは大実椰子でできています。
当時ヨーロッパでは大実椰子は大変珍しかったのでとても高価なものだったようです。

このように上品な金細工で装飾されていて、南国の素朴な素材もハプスブルク家の一室に調和するほどの逸品に生まれ変わっています。


ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1651-1973年、ウィーン美術史美術館

こちらは本展のアイコン的存在になっている王女マルガリータの肖像です。
彼女の姿は《ラス・メニーナス》をはじめとしてベラスケスらによって、何枚も肖像画が残されています。

15歳で結婚し、21歳で亡くなってしまうという虚弱な女性だったようですが、ベラスケスの作品の彼女はバラ色の頬と大きな瞳の愛らしい姿で今も人々を魅了します。


左から ティントレット《甲冑をつけた男性の肖像》1555年、ヤン・ブリューゲル(父)《東方三博士の礼拝》、1663年以前、ともにウィーン美術史美術館

権力と財力を持つハプスブルク家の人々は、アルブレヒト・デューラー、ティントレット、ヤン・ブリューゲル(父)などの、ヨーロッパのあちこちから名画を収集しており、こちらの会場でその一端を知ることができます。


左から フランス・ライクス《オーストリア大公フェルディナント・カールの肖像》1648年頃、アンドレア・マンテーニャ《イサクの犠牲》1490-95年頃、ともにウィーン美術史美術館

こちらの《イサクの犠牲》は、壁紙の上にレリーフが飾ってあるようにも見えます。
石のような質感も絵画で表現している巧みな描写はとても見事でした。


マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》1778年、ウィーン美術史美術館

こちらはマリー・アントワネットの肖像です。
3メートルほどの大きなこの作品は、遠くから見てもオーラを感じます。
たっぷりと膨らみのある白い光沢のあるドレスは贅沢であるだけでなく、上品な美しさがあります。

これを描いたヴィジェ=ルブランは、アントワネットお気に入りの女性画家でした。。
仲の良い女性同士の画家とモデルが談笑をしながら描かれたのではないかしらと思えるほど、親密な雰囲気も醸し出しています。


右から マルティン・ファン・メイテンス(子)《皇妃マリア・テレジアの肖像》1745-50年頃、アントン・フォン・マロン《マルスの彫像を伴う神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世の肖像》1775年、ヨハン・カール・アウアーバッハ《ホーフブルクで1766年4月2日に開催されたオーストリア女大公マリア・クリスティーナとザクセンのアルベルトの婚約記念晩餐会》1773年、いずれもウィーン美術史美術館

本展の4章は、右のマリア・テレジアはじめ、ハプスブルク家の人々の大きな肖像画が続きます。
写真のない時代では肖像画はその人の偉大さを誇示したり、婚約を決めるためのアピールであったりしました。
豪華な衣装に身を包んだ立派な絵姿は十分その役割を果たしていたことでしょう。


ヨーゼフ・ホラチェク《薄い青のドレスの皇妃エリザベト》1858年、ウィーン美術史美術館

こちらはシシィという愛称で呼ばれる皇妃エリザベトの肖像です。
大変おしゃれで美しい人だったそうで今なお本場オーストリアでは人気のある人です。
この肖像画のウエストの細さにはびっくりです。
彼女は自分の容姿にとても気を使い、ダイエットにも熱心だったそうなので、この絵はもしかしたら誇張でないのかもしれません。

ハプスブルク家の人々はそれぞれに個性的で魅力的だったように思えます。
富と権力を持った彼らがヨーロッパ諸国の王室で華やかな暮らしをしていたことに思いを馳せることができる楽しい展覧会でした。


会場国立西洋美術館
開催期間2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
休館日月曜日、年末年始(12月28日~1月1日)
開館時間9:30~17:30(入館は閉館30分前まで)
所在地東京都台東区上野公園7-7
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://habsburg2019.jp/
料金一般 1,700円、大学生 1,100円、高校生 700円
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社