インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」

東京オペラシティ アートギャラリー 「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2019年10月15日
東京オペラシティアートギャラリーでは、現代美術家カミーユ・アンロの個展が開催されています。
日本では、これまで映像作品を中心に紹介されてきましたが、インスタレーションやドローイング作品を含めた総合的な展示となっています。

最初の展示室はシリーズ作品、シリーズ〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉を集中的に展示しています。


〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉2011-/ミクストメディア/展示風景(2019)

このいけばなに触発されたシリーズは、作品それぞれが一冊の本に由来します。
本の題名、著者を作品タイトルとし、花材、本の一節が添えられ、花器のデザインを含めて作品になっています。2011年から継続されており、日本での開催に合わせて新作が追加されました。
これまで、いけばなの本を読み独学で学んだそうですが、本展ではいけばな草月流の全面協力により会場で制作されたことも特徴です。

展覧会タイトルともなった〈蛇を踏む 川上弘美〉では、蛇のようにくねくねと曲がった独特な花器、絡みつく花材と取り合わせたとりかぶとの紫色が妖しさを増して、存在感を放っていました。


〈蛇を踏む 川上弘美〉ミクストメディア
〈見えるものと見えないもの モーリス・メルロ=ポンティ〉は、大胆にも花器の口に花材が置かれた作品。"或る私的生活の下位宇宙があることをほのめかしながら"という一節を読んでから作品を観ると、下位宇宙と花器がクロスオーバーして見えます。


〈見えるものと見えないもの モーリス・メルロ=ポンティ〉ミクストメディア

〈指輪物語 J.R.R.トールキン〉は、作中にも出てくるルーン文字で表現されていました。


〈指輪物語 J.R.R.トールキン〉ミクストメディア
また、展示室をまるごと使って制作された大型インスタレーションの《青い狐》。




《青い狐》2014/ミクストメディア/展示風景(2019)

こちらは、情報量の多さにどこからどうやって見ていけば良いか分からず、立ち尽くすほどです。
アフリカ・ドゴン族の創世神話『青い狐 ドゴンの宇宙哲学』をもとに空間全体が構成され、壁4面それぞれに、ドイツの哲学者ライプニッツの提唱した原理が割り当てられています。
ライプニッツは哲学だけでなく、論理学、心理学、数学、自然科学などの研究をし、「普遍学」として体系付けようとしていた人なので、アンロの膨大なリサーチ対象である文学、哲学、美術史、天文学、人類学、博物学、現代の情報学などの知的好奇心の幅広さと相通じるものを感じました。

作品に触れるほど、アンロが世界をどう捉えているかを知りたくなり、そのためにはインスピレーションを与えた本を読み込んだ上でもう1度鑑賞し、アンロというフィルターを通す前後を自分の力で読み解いてみたいという思いに駆られる展示でした。

会場東京オペラシティ アートギャラリー
開催期間2019年10月16日(水)~2019年12月15日(日)
休館日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開館時間11:00~19:00(金・土曜日は20:00まで。入場は閉館30分前まで)
所在地東京都新宿区西新宿3-20-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.operacity.jp/ag/exh226/
料金一般 1,200円、大学・高校生 800円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社