インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」

豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年11月23日
展覧会概要

美術館エントランス
愛知県の豊田市美術館で、造形作家、岡﨑乾二郎の個展が始まりました。会場に入ると、作家の幅広い活動領域を示すように、レリーフ、ドローイング、絵画、彫刻、タイル、布作品など、約270点以上がゆったりと並んでいます。

一見したところ、明るい色調の作品が多く、とても楽しめそうです。
ただ、作品の配置が年代順でも、ジャンル別でもないこと、順路にも決まりはないことを聞いて、不思議に思いました。

さらに、展覧会タイトルの末尾が漢字ではなく、カタカナで「カイソウ」と表記されていることも不思議でした。それらのことを気に留めながら、展示を見始めました。

展示室にて

展示室風景

壁一面にレリーフの作品が並んでいます。どれも同じ形のようですが、色彩の影響なのか、細部はすべて異なっているように見えます。
これらの作品はすべて同じ形と思うか?と聞かれ、ずいぶん観察しましたが、よく似ているという答えしか出ませんでした。

千羽鶴なら、持ち寄った鶴の多少の相違は許容されるのでしょうが、美術作品の場合は?

展示室風景
次は、ドローイングの作品です。動物のように見えるものもあります。
ただ、平らなものばかりではなく、一部がカットされ、まくれあがっているものもあります。
平面と立体の中間的な表現を試しているのでしょう。作品をジャンル分けすることは単純ではないよ、と指摘されているようです。

展示室風景
絵画の作品です。
大型のものだけでなく、手の平サイズのものもあり、壁から離れたり、近寄ったり、通り過ぎたり、戻ったりしながら見ていきました。作品によっては、鮮やかなグリーンやオレンジが、サラダバーを連想させるものもあります。

隣り合う作品の関係性が気になり、キャプションを読んで驚きました。
作品によっては、そのタイトルがとても長く、作品の解説?と思うようなものもあります。

あるいは、小説か詩の一部を引用してタイトルにしているのだろうか?とか、主役はタイトルか?と思うようなものもあります。
美術作品は視覚的なイメージだけではない、と言われているようです。

展示室風景

巨大な彫刻作品です。
絵画作品のカラフルさとは異なり、木材の質感が強いです。

逆三角形の組み合わせが不安定そうですが、支えなしで自立しているそうです。空洞の多い作品なので、隙間から反対側の観客が見え隠れします。
下に敷いてある鉄板の茶色が妙に目立っていて、その部分を土と見立てると全体が盆栽のようにも見えます。
彫刻の枠を超えて、建築(模型)のようです。

展示室風景
巨大なタイルの壁です。聞くところによれば、既成のタイルは使わず、作家がきちんと計算、設計した資料をもとに、焼き物工場で製作されたそうです。
絵画作品の自由気ままな雰囲気とは異なり、工業製品のような精密さを感じました。
気がつきませんでしたが、絵画作品にも精密な計算があるのでしょうか?

さて、「カイソウ」の漢字表記を調べてみました。
主なものに「回想」、「階層」、「海藻」、「快走」、「会葬」などがあります。
一方、英語タイトルは、「Retrospective」(回顧的な)、「Strata」(地層、階層)です。
「視点の回想」、「視点の階層」、「視点の回顧的階層」、「視点のカイソウ」。

あなたには、どれが一番しっくりくるでしょう?

閑話休題

展示室風景

閉館まで、まだ時間があったので、もう一度、展示を見直すことにしました。

今度は、最初の展示室の奥の壁の一部が透明ガラスになっていることに気がつきました。
ガラス越しに壁の反対側の作品が見えます。
つまり、展示の冒頭で「カイソウ≒階層」(展示室の壁、境界)に気づく大きなヒントが用意されていました。

最初はつかみどころのない印象でしたが、2度見することで、展示の工夫の優しさを実感することができました。
今展は、岡﨑乾二郎を見たことがない方にも、ぜひ見てもらいたいと思います。

会場豊田市美術館
開催期間2019年11月23日(土)~2020年2月24日(月・祝)
休館日月曜日、12月28日~1月4日
開館時間10:00~17:30
所在地愛知県豊田市小坂本町8-5-1
0565-34-6610
HP : https://www.museum.toyota.aichi.jp/
料金一般 1,300円、高大生 900円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社