インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」

三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」

文 [エリアレポーター]nakane / 2019年12月7日
版画家、吉田穂高氏(1926-1995)の作品が集結した回顧展。
タイトルにあるように、壁や塀、標識、家などの身近な建造物を描いた作家です。
本展では、作品を通し、時代ごとに大きく変化する画風を紹介するともに、ごく身近な対象物へと移ってゆく作家の視点を追います。

Ⅰ.誕生から形成期

父は洋画家の吉田博、母と兄も画家という「美術一家」の中で育った穂高。
そういった環境は、穂高の創作活動において大きな影響を与えるものでした。独学で油彩画を描き始めた穂高は、家族にも師事することはなかったそうです。

本章では、初期の油彩抽象画や、第一高等学校時代に創作した現代短歌も展示されています。







Ⅱ.メキシコとの出会い

父母の時代から数回渡米し、世界を舞台に活動した「美術一家」の吉田家。1955年、木版画講習を行う兄に同行した穂高は、アメリカと中米を訪れます。
その帰りに立ち寄ったメキシコと古代マヤ文明に強い感銘を受けると、原始美術から着想を得た抽象作品を描くようになりました。

ここでは、人間の生命力が感じられる力強い作品が並びます。この時期の作品は木版画が多いですが、やがてその表現方法に限界を感じた穂高は、リトグラフ等、他の版画技法も積極的に取り入れていきます。







Ⅲ.コラージュと写真製版

1963年、渡米しアメリカのポップアートに刺激を受けた穂高は、コラージュ作品を制作し始めます。
初期の作品は、雑誌の切り抜きや版画をパネルに貼り付けたものでしたが、それらの切り抜きを版に置き換えるため、リトグラフ、シルクスクリーン等多岐にわたる技法を手掛けるようになります。

本章に展示されている作品は、版画技法も、作品中に取り入れられるモチーフも様々です。
手塚治虫のアトムや、葛飾北斎風の空が登場し、神話にも題材を採っています。
自らの表現の可能性を探りながら試行錯誤する作家の姿が浮かび、挑戦していく精神を感じました。







Ⅳ.私のコレクション

国内外の旅を通して作品を作り続けた穂高。
その道中、私的なコレクションとして、壁や塀、標識などの身近な対象物を写真に収めています。
やがて、自身が心を傾けて撮影した写真の対象物は、穂高の作品世界の中で重要な要素となります。実際の作品でも壁や塀がそのまま、単体で現れます。

作品の元となった写真も展示されています。
版画作品と見比べることで、写真に写された身近な風景の中に、穂高がどんな世界を捉えていたのかを窺い知ることができます。
後半には大型の作品が並び、迫力があります。









本展示では、穂高が旅先で収集した民芸品や、自宅の装飾用に製作した彫刻や提灯、下落合にあった博(父)のアトリエで撮られた家族写真も展示してありました。
「作品」だけでない、これらの展示物からも穂高の創作に対する思いを伝える展示となっています。

会場三鷹市美術ギャラリー
開催期間2019年12月7日(土)~2020年2月16日(日)
開館時間10:00~20:00(入館は19:30まで)
所在地 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5F
0422-79-0033
HP : http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/
料金一般 600円、65歳以上・学生(高・大) 300円
展覧会詳細へ 壁に世界をみる ― 吉田穂高展 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
nakane nakane
作品自体もそうですが、展示されている空間も好きです。展示風景や雰囲気など、図録や公式HPの記録には残りづらいことを、一ファン目線で捉え、共有出来たらなと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社