インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  半蔵門ミュージアム「復元された古代の音」

半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」

文 [エリアレポーター]nakane / 2019年12月7日


貴重な文化財を保存しながら活用するために、複製や復元といった技術が用いられます。
本展で紹介される古代の楽器は、当時奏でられてたであろう“音”を蘇らせるために製作されました。
無形の音の復元です。
それ自体の復元ではなく、音の復元のために製作された楽器とは、一体どのような姿になるのでしょう?
そして、古代の“音色”とは、どんな音だったのでしょうか?

奈良の正倉院には、儀式に用いられた楽器や、その残欠が遺されています。それら遺品や、中国古代の遺跡出土品を参考に、本展の楽器は製作されました。

目的は、当時の音色を復元すること。演奏時の機能性や実用性が優先され、装飾は省かれました。
元々は、荘厳な装飾が施されていたようですが、ここではどの楽器もすっきりとした姿になっています。

展示されている楽器の一部をご紹介します。


編鐘(へんしょう)


大篳篥(おおひちりき)

編鐘(へんしょう)は、大小の青銅製の鐘が音階順に吊り下げられた古代中国の楽器です。
演奏の際、2オクターブの音域を出せるよう、 たたく位置によって音が変わる13個の鐘がつけられています。
大篳篥(おおひちりき)は平安時代中期に廃絶したといわれ、正倉院にも現物は遺っていません。
そのため、文献を参照し、現存する篳篥からその形を推定することで復元されました。


五絃琵琶(ごげんびわ)


箜篌(くご)

五絃琵琶(ごげんびわ)は、インドに起源をもつ楽器で、唐の時代の中国において流行しました。
正倉院が所蔵する「螺鈿紫檀五絃琵琶」が現存する唯一の五絃の琵琶です。
現物には全面に美しい装飾が施されていますが、ここでは省かれています。

箜篌(くご)は、アッシリア発生の竪琴。強力な絃の張力に耐えるために、胴部分と腕木の間に支柱を差し込んで、腕木を支えていることが、復元作業で判明しました。


阿弥陀聖衆来迎図

会場には、来迎図や曼荼羅、ガンダーラ仏伝浮彫など、楽器が登場する仏教美術も展示されています。
併せて観ることで、仏教と音楽が密接な関係を持っていることが分かります。
多くの展示品は、ケースに入れられることなく展示されているので、直接じっくりと鑑賞することもできます。


展示風景1


展示風景2

製作された楽器それぞれの音は、会場内に設置してあるデジタル端末で聞くことができます。
また、3階にあるホールにて、これらの楽器を使用した演奏映像を視聴できますので、古代の楽器の旋律や共演も楽しめます。

「復元された古代の音」は、是非、会場で体験してみてください。

会場半蔵門ミュージアム
開催期間2019年12月4日(水)~2020年3月1日(日)
開館時間10:00~17:30(入館は17:00まで)
所在地 東京都千代田区一番町 25
03-3263-1752
HP : https://www.hanzomonmuseum.jp/
料金無料
休館日月曜日、火曜日、年末年始(12月29日~1月4日)
展覧会詳細へ 復元された古代の音 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
nakane nakane
作品自体もそうですが、展示されている空間も好きです。展示風景や雰囲気など、図録や公式HPの記録には残りづらいことを、一ファン目線で捉え、共有出来たらなと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社