インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2019年12月17日

開館から2年目の中之島香雪美術館。今回は所蔵品を交えながら、前期では京都画壇、後期では大坂画壇の展開を紹介する展覧会です。
関西ではこれらの絵師の作品に触れる展覧会が年に何度かあるのですが、全体の流れを展観する展示は珍しく、京都画壇とは、大坂画壇とは、を知ることもできる機会になっています。

今回の内覧会は前期の京都画壇編でした。大御所、円山応挙を中心に、円山派や四条派などの絵師を紹介しています。
冒頭から応挙の圧巻の作品が続きます。

円山応挙「芭蕉童子図屏風」明和6年(1769)個人蔵 [前期]

モノクロームの色彩で、質感や表情がなんと繊細に描かれていることでしょう。

応挙は写実的な作品を描き、一大潮流を巻き起こしました。

解説の「写実性を重視しつつも、全体を包む雰囲気や様子、対象の生を表現することを目的としています。対象の何々というような感じ、を説得力を持って絵画化したのです。」という文章を今回目にして、今まで言い表せなかった応挙らしさ、素敵なところとはこれだったんだと非常に爽快な気持ちになりました。

円山応挙 雨中山水図屏風 二曲一隻 明和6年(1769) 個人蔵 [前期]

空気の湿度、雨の音や空気感が臨場感を持って伝わってきます。

もちろん、応挙以外に大活躍した個性派ぞろいの京都画壇の絵師の作品も素晴らしいです。
応挙の弟子になるのですが、呉春の率いた四条派は、難しい古典のバックグラウンドや意味あるモチーフの出典元を知らなくても一般の人が楽しめる作品を描き人気を博しました。
絵画でも、町衆が徐々に主役になりつつある時代の流れを作った功績は大きいです。

伝呉春 雪松図 一幅 江戸時代 18~19世紀 香雪美術館 [前期]

近年、大規模な回顧展が開かれマルチな才能にも注目が集まった池大雅は、大坂画壇にも通ずる絵師なので、次回の大坂画壇の展示への架け橋になっているのかも。
奇想の絵師として知られる長澤蘆雪、曾我蕭白も有名どころでしょうか。

一幅 紙本着色 昭和4年(1767)頃 村山コレクション [前期]

後期の大坂画壇の展示もとても楽しみです。
もちろん全作品総入れ替えなので、両方観ることで上方絵画全体を俯瞰し、それぞれの絵師の個性をしっかりと感じることができます。
円山派と四条派、京都画壇と大坂画壇の様相をぜひご覧になってください。

会場中之島香雪美術館
開催期間2019年12月17日(火)~2020年3月15日(日)
前期 12月17日~2月2日、後期 2月4日~3月15日
休館日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開館時間10:00~17:00(入館16:30まで)
所在地大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
06-6210-3766
HP : http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
料金一般 900円、高大生 500円、小中生200円
展覧会詳細へ 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社