インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」

岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2019年12月28日
展覧会概要

セラミックパークMINO入口
岐阜県多治見市の岐阜県現代陶芸美術館で「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ」展が開催されています。
小村雪岱(こむら せったい)は、大正から昭和初期にかけて活躍しました。
埼玉県出身、東京美術学校(現東京藝術大学)で、下村観山に師事しました。卒業後、装幀家として泉鏡花の「日本橋」(千章館)を手掛け、好評を得ました。

現代陶芸美術館と日本画作家の展覧会の組み合わせが意外だったことと、今展の監修が明治学院大学の山下裕二教授ということに興味を惹かれ、出かけてきました。

展示室にて

美術館ロビー

ロビーには、かわいらしい足跡で展示室への順路が表示されています。
展示室は多くの小部屋に分かれていて、反時計回りに進みます。こぢんまりした展示室の空間と小ぶりな作品のサイズがちょうどよく釣り合っていました。

小村の多種多様な作品の印象からすると、日本画家というより、センスのいいデザイナーといったほうが良さそうです。
そういえば、展示テーマの区切りに、作品の一部をクローズアップした縦長の垂幕が掛けられていて、それがどの作品から引用されているか、探すのも面白かったです。

小村の作品以外に、鈴木春信、柴田是真、並河靖之、東京モダンの系譜につながる現代作家の作品も展示されています。

コレクション展入口

同時開催されているコレクション展は、ちょっと変わっていて、タイトルは「題名のない展覧会」です。
こちらで展示されているのは、すべて陶芸作品です。
多様な形、色の作品が並んでいますが、すべてキャプションがついていません。

作品の印象から、鑑賞者がタイトルを考えるという趣向ですが、正解するのはかなり難しいと思いました。

答合せにこだわらず、だれかと相談しながら見て回ると楽しそうなので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

閑話休題

今回は、JR多治見駅からバスを利用しました。
途中に「シュウドウイン」というバス停があり、珍しい地名(?)と思い、調べてみたら、付近にある多治見修道院にちなんだ呼名でした。
そういえば白壁に赤茶の屋根の立派な建物を見かけた気がします。

多治見修道院では、国内の修道院では珍しくワインを作っています。11月にはワインフェスタがあるそうです。


会場岐阜県現代陶芸美術館
開催期間2019年12月21日(土)~2020年2月16日(日)
休館日月曜日(ただし、1月13日は開館)、12月29日(日)~1月3日(金)、1月14日(火)
開館時間10:00~18:00
所在地岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
0572-28-3100
HP : http://www.cpm-gifu.jp/museum
料金一般 900円、大学生 700円、高校生以下無料
展覧会詳細へ 「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社