インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ー メトロポリタン美術館所蔵」

大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2019年12月20日
四代田辺竹雲斎《GATE》2019年(部分)

【当面の間、臨時休館】
思わず息を呑む巨大な造形物の出現。
うねりながら天に昇る生き物のようです。大阪堺市に工房を構え、世界各地で作品を発表している四代田辺竹雲斎のインスタレーション《GATE》が出迎えてくれました。

ここは大阪市立東洋陶磁美術館。
「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ー メトロポリタン美術館所蔵」が開催中です。

本展は、ダイアン&アーサー・アビー夫妻が収集した世界屈指のコレクションであり、2017年から翌年にかけてメトロポリタン美術館での“Japanese Bamboo Art : The Abbey Collection”(「日本の竹工芸:アビー・コレクション」展)を再構成したものです。

四代田辺竹雲斎《GATE》2019年(部分)

みごとなインスタレーションで熱くなった気持ちは、会場に並ぶ竹の名品によりさらに煽られていくこととなります。

本間秀昭《流紋》2014年

本間秀昭《流紋》、藤塚松星《潮》など、大胆な形の作品は、竹細工、伝統工芸品という言葉から勝手にイメージするものとは随分かけ離れた印象を受けました。

門田篁玉《維新》1981年

一方、細い竹から成る作品は繊細で心が震えます。
かと思えば、面を使った花入れやしっかりと編み込まれたオブジェなど、竹という1つの素材がこんなにも様々なバリエーションを生み出せることに驚かされました。

そしてそれらを作る作家たちに、芸術家と職人という2つの側面があることにも気付かされます。
また1929年帝展で竹工芸品として初めて入選した阪口宗雲斎作の《果物籃 水月》や、四世代にわたる田辺竹雲斎一家の系譜が辿れるなど日本の竹工芸の歴史を見ることで、鑑賞に厚みがもたらされました。


初代早川尚古斎《山高帽》1880~1890年代頃

まっすぐ伸びる清々しい姿や青い香り、時間の経過による変色など、「竹」そのものが持つ美しさや強さと、人の手が創り出す美や技が交差する点に立ち、色々な情景が頭の中を過ります。
竹工芸だけでなく伝統工芸を改めて見ていこう、そんな気持ちがムクムクと湧き上がってきました。

入口で再び《GATE》を見上げます。
組目から陽の光がこぼれたそれは、美しく逞しく、未来を感じさせる姿をしているのでした。

会場大阪市立東洋陶磁美術館
開催期間2019年12月21日(土)~2020年4月12日(日)
休館日月曜日(ただし1月13日、2月24日は開館)、12月28日~1月4日、1月14日、2月25日
開館時間9:30~17:00
所在地大阪府大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055
HP : http://www.moco.or.jp
料金一般 1,200円、高大生700円
展覧会詳細へ 「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ー メトロポリタン美術館所蔵」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社