インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」

あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2019年12月25日

大阪のあべのハルカス美術館で、「カラヴァッジョ展」が開催されています。



カラヴァッジョは1571年、イタリアのミラノ生まれ。13才で画家を志し、ローマやナポリなどで活動しました。
この展覧会では、カラヴァッジョと、その影響を受けた同時代の画家たちの作品が3章にわたって紹介されています。

Ⅰ 1600年前後のローマにおけるカラヴァッジョと同時代の画家たち


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 《リュート弾き》 1596~97年頃 個人蔵
楽器をかかえ、こちらを見つめる若い女性。…かと思いましたが、モデルは少年なのだそうです。
カラヴァッジョがローマに出てきて才能を認められ、人気が高まりつつあった時代の作品《リュート弾き》です。



リュートはどんな音かなと思っていましたが、絵の前に実物の楽器も展示されていて、音を再生して聞くことができます。
流れてくるのは、絵のなかの楽譜に描きこまれた歌曲。心が穏やかになるような音色です。

カラヴァッジョと同時代の画家による模写も展示されています。


17世紀前半の不詳画家《聖トマスの不信》(カラヴァッジョ作品からの模写)1610~66年頃 ウフィツィ美術館蔵
キリストの復活を信じられない弟子を、キリストがさとす場面です。
弟子が指を突っ込んでいるのは、キリストが十字架上で死を迎えた後、兵士の槍でつかれたときの傷。弟子たちの表情が真に迫っています。
リアリティを感じさせる表現は当時の人々を驚かせ、40点近くもの模写が制作されました。
これはその中の一枚です。

Ⅱ カラヴァッジョと17世紀のナポリ画壇


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ《法悦のマグダラのマリア》1606年 個人蔵
血の気の引いた唇に、焦点の合わない目。
「一体、どんな衝撃的な出来事があったのか」と思いましたが、絵のタイトルにある“法悦”とは宗教的な恍惚感を表す言葉で、過去を悔いたマリアが神の赦しを得た場面を描いたものだそうです。

マリアという名の女性は聖書の中に何人か登場しますが、ここに描かれているのは、キリストの弟子となり、その死と復活の場面にも立ち会った女性。
見た瞬間に、目に焼き付くような一枚です。


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ《歯を抜く人》1608~10年頃 ウフィツィ美術館群パラティーナ美術館蔵 ©Gabinetto fotografico Gallerie degli Uffizi
麻酔のない時代に、ペンチで歯を抜かれる人。
想像すらしたくない痛みですが、好奇の目をかくそうともせず見物するまわりの人々の表情も、容赦がありません。

Ⅲ カラヴァッジョ様式の拡がり

カラヴァッジョは画業で名声を得る一方、2週間仕事すると、1、2か月は剣を脇に下げ遊びまわり、行く先々でケンカや暴力沙汰を起こしていました。
ついには殺人を犯し、ローマから逃亡。先に紹介した《法悦のマグダラのマリア》と《歯を抜く人》、次に紹介する《洗礼者聖ヨハネ》は、逃亡生活のなかで描かれたものです。


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ《洗礼者聖ヨハネ》1609~10年 ボルゲーゼ美術館蔵
描かれているのは、洗礼者聖ヨハネ。キリストに洗礼の儀式を行った人物です。
カラヴァッジョが恩赦を求めて死の直前まで携えていた3枚の絵のうちの一枚で、ヨハネのどこか憂いを帯びた表情には、逃亡生活に倦んだカラヴァッジョ自身の心情が表れているようにも見えます。

圧倒的な実在感をもって人物像を描き、美術史の流れを変えたと言われるカラヴァッジョの世界。ずっしりとした余韻が残ります。

会場あべのハルカス美術館
開催期間2019年12月26日(木)~2020年2月16日(日)
開館時間10:00~20:00(月・土・日・祝は18:00まで)
所在地大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : https://www.aham.jp/
料金一般 1,600円、高校・大学生 1,200円、小・中学生 600円
展覧会詳細へ 「カラヴァッジョ展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社