インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」

名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」

文 [エリアレポーター]ひろ.すぎやま / 2020年1月12日
展覧会概要


名古屋市美術館で「没後90年記念 岸田劉生展」が、始まりました。
日本の近代洋画の展覧会を見に行けば、おそらく何かしらの作品を目にする作家の筆頭だと思います。

《黒き帽子の自画像》1914年3月6日 油彩/板 51.3×39.2cm 個人蔵
作家の名前にピンと来なくても、この自画像を見れば、見知っているという方も多いのではないでしょうか。
先に開催された、東京展(東京ステーションギャラリー)、山口展(山口県立美術館)に続き、いよいよ名古屋でも開催です。

展示室にて

フォトスポット
展示室で作品を見て、気づいたことは、作品サイズが全体的に小ぶりなことと、水彩画も多数、制作されていることでした。
図録などでは、サイズ感がわからないので、今展でまとめて実物を見ることができたのは収穫でした。
また、岸田劉生といえば、洋画(油彩画)だけ(?)と思っていたので、水彩画からスタートしていたことは意外でした。

《麗子微笑》重要文化財 1921年10月15日 油彩/麻布 44.2×36.4cm 東京国立博物館 Image TNM Image Archives
多数の「麗子像」の中でも、岸田劉生の作品イメージの筆頭だと思います。
実物を見ると、意外に小さくて、かわいらしい感じです。
ガラスケースの中に展示されているのですが、目線の高さあたりのガラスの所々に曇ったような跡がありました。おそらく、作品を近くで見ようと近づいて、額をガラスに当てた人がいたのでしょう。それくらい、引き込む力のある作品でした。

《二人麗子図(童女飾髪図)》1922年3月21日 油彩/麻布 100.3×80.3cm 泉屋博古館分館
モデルの2人のしぐさと、着物の生地の質感に目を惹かれました。

小さな子供が絵のモデルになるのだから、動かないように、じっとしているのは大変だったろうと思います。
展示室のキャプションを読むと、「足が痛くて大変」とか、絵の中からつぶやきが聞こえてきそうな気がします。

《路傍秋晴》1929年11月 油彩/麻布 59.5×71.5cm 吉野石膏株式会社
展示の後半は、風景画と日本画が中心です。

《路傍秋晴》のような景色は、名駅や栄近辺で生活しているとあまり出会わない風景だと思います。
ですが、このような快晴の日に、観光地化していない田舎道を歩くのは気持ちがよさそうです。

キャプションにある「吉野石膏株式会社」といえば、昨年の春の「印象派からその先へ」展でも、素敵な印象派の作品の数々を見せてもらいました。
コレクションの幅広さがうかがえます。

残念ながら、名古屋会場には《道路と土手と塀(切通之写生)》は、出品されません。
また、会期中に一部作品の展示替えがあるので、お目当ての作品の情報にはご注意を。

閑話休題

ミュージアムショップ
今展オリジナルグッズが多数、並んでいます。図録以外では、定番のクリアファイルや一筆箋が人気だそうです。

お土産 プリントチョコレート
こちらのチョコレートも人気だそうです。
「もう疲れた」。「あと少しだから、動かないで」。
どんな会話があったのか、食べながら想像してみてください。


会場名古屋市美術館
開催期間2020年1月8日(水)~3月1日(日)
休館日月曜日
開館時間9:30~17:00(金曜日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
所在地愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
052-212-0001
HP : http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
料金一般 1,400円、高大生 900円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「没後90年記念 岸田劉生展」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy ひろ.すぎやま
近現代美術、演劇、映画をよく見ます。
作品を見る時は、先入観を避けるため、解説などは後から読むようにしています。
折々に、東海エリアの展覧会をレポートしますので、出かけていただく契機になれば幸いです。

名古屋市美術館協力会会員、あいちトリエンナーレボランティア。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社