インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」

京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」

文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2020年1月6日
現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソの没後世界初の回顧展、代表作92点が並ぶ会場は静かで穏やかでありながら、モダンで自由を感じる気持ちの良い空間が広がっていました。


1950年代中ごろから陶芸家として活動を始めたカルーソは、紐作りで成形し、ざらついた質感を生み出す釉薬が特徴の「アルカイック」シリーズを制作します。

《共蓋壺》1963 楽焼 京都国立近代美術館蔵

《壺-人体》1959 楽焼

その時代に制作された造形物は、一見よくある形にも思えるのですが、観ているうちに独特な個性を感じます。
決して奇をてらう形ではないのに初めて出会う、でも懐かしい。不思議です。
内側は紐状の跡が一目でわかる仕上げで、それが反対に作家の手を感じさせ、親近感にも変わります。

1964年に日本で初めての国際陶芸展「現代国際陶芸展」で発表された作品も展示されていました。
当時それをみて彫刻家柳原義達は「日本陶芸の敗北」というタイトルで批評文を投稿したそうです。

《進化2》1962 鉄、木
その後カルーソは、陶以外にも鉄やセメントなど異素材を実験的に扱います。
鉄板の断片など鉄くずで制作された作品が数点紹介されていました。
粗く仕上げた溶接部分は陶の仕上げ方と共通していて、当時のカルーソの作品に対する考え方を知ることができます。
技術面以上に、彼自身のルーツであるシチリア、地中海文明を意識させる神話性、象徴性をテーマとした表現に重きをおいていたそうです。

《王と王妃》1979 テラコッタ
1960年半ば以降には、カルーソは発砲スチロールでカットした原型に鋳込みする技法で作品を作るようになります。
この手法は、陶磁器業界にとっては全く新しいものでした。

またそれらを上下左右に組わせることにより、彫刻や壁画といった作品を発表します。
発泡スチロールで型取られたと知ったからか、なぜか軽さを感じます。
細かいラインや波の形などの具合が、作品本体を削って作ったものとは全く異なり面白味を感じます。
表面は発泡スチロールの細かい粒粒が映ったような跡もあり、今までみたことのない陶の風合いに惹きつけられました。



本展を通して、カルーソが一貫して自身のルーツ、彼に流れる血の一滴を作った源を探るような壮大なテーマに向かった「陶芸家」であったことを知ることができます。

ただ1つ残念なのはここがシチリアではないこと。もしこれらを現地でみることができれば、より彼の作品を味わえるのでは……。新年早々大きな夢が生まれてしまいました。

会場京都国立近代美術館
開催期間2020年1月4日(土)~2月16日(日)
休館日月曜日(1月13日は開館)、1月14日
開館時間9:30~17:00(金・土曜日は20:00まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111
HP : http://www.momak.go.jp/
料金一般 1,000円、大学生500円
展覧会詳細へ 「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
カワタユカリ カワタユカリ
美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社