インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  Bunkamura ザ・ミュージアム「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2020年1月8日
Bunkamura ザ・ミュージアムでは、「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展が開催されています。
2017年に同ミュージアムで開催された日本初の回顧展では、8万人以上の来場者を記録しただけに、今回も期待が高まります。

ライターの死後、全作品のアーカイブ化に取り組んでいるソール・ライター財団ですが、未整理のまま残された作品はカラー写真だけでも8万点以上、加えて絵画や資料類などもあり、アーカイブの完成までに少なくとも10年かかると言われています。
本展では、整理中に発掘された未発表作品が多数含まれることも見所の1つです。
展示は2部構成になっています。

第1部:ソール・ライターの世界

第1部では、モノクロ、カラーの代表作をはじめとする約130点により、ライターの世界観に触れることができます。


左から《無題》1955年頃、《足跡》1950年頃、《赤い傘》1958年頃
"カラー写真のパイオニア"と称されただけあって、モノクロ写真の印象が殆どありませんでしたが、本展で覆りました。晴れた日の光や、雨の日の湿度などは、カラー写真以上に感じられました。


左から《無題》撮影年不詳、《5番街》1970年代
一方、ファッション誌のための写真は、現行の雑誌に使われていても気付かない位に時代を感じさせない作品でした。これが60年ほど前に撮られたとは、信じられません。


左からキャロル・ブラウン 《Harper's BAZAAR》1959年頃、《ファッション・テスト》1960年代、《Harper's BAZAAR》1960年代
会場にはライターの言葉も掲げられています。
例えば、「私の好きな写真は、何も写ってないように見えて片隅で謎が起きている写真だ。」という言葉を介して作品を見ると、日常に潜む"謎"に対して、ライターが優しい眼差しの持ち主であったろうと想像できます。


左から《蝶々を吊す》1960年代、《労働者》1950年代

第2部:ソール・ライターを探して

第2部では、アーカイブ化の成果である未発表作品や資料を通して、ライターの創造の背景を探ろうとするものです。

カラーリバーサルフィルムを用いて撮影されたカラー・スライド数万点は、技術的・経済的理由からほとんどプリントされませんでした。
スライド・プロジェクションのコーナーでは、未発表作品が世界初公開となります。
ライターがプロジェクターを使ってスライド・ショーをしていたことから、デジタル再現での追体験を楽しむことができます。


デジタル展示:ライターのスライドプロジェクション
第1部での写真では、被写体との距離が近くて遠いものであったのに対し、自身や家族、二人のミューズ(妹デボラ、愛するソームズ)のポートレートは、息づかいまで聞こえるような心的距離を感じました。


展示風景
それは、愛猫たちの写真にも言え、人間を相手にしているかのような印象を受けました。


展示風景
ライターが住んでいたアパートの壁を再現したコーナーでは、ライター、ソームズが描いた絵の他に、お気に入りの時計が展示されています。


ソール・ライターが住んでいたアパートメントの壁の再現展示風景
本展のために久しぶりにネジを巻いた時計は、徐々に遅れだしており、会期中に止まってしまうだろうとのことでした。

展示室が静かになった瞬間のみ聞き取れるほどひっそり時を刻む音に耳を澄ませていると、ライターの写真に漂う懐かしくも新しくも感じられる不思議な時間を思わずにいられません。

会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2020年1月9日(木)~3月8日(日)
休館日1月21日(火)、2月18日(火)
開館時間10:00~18:00(金・土は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
所在地東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saulleiter/
料金一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
展覧会詳細へ 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社