インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」

東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2020年1月14日
日本書紀設立1300年



2020年『日本書紀』が編纂されてから1300年という年に特別展「出雲と大和」が開催されます。


重要文化財 日本書紀 巻二(部分) 南北朝時代・永和1~3年(1375~1377)後期展示(2/11~3/8)愛知・熱田神宮蔵
ここには冒頭、国譲りの神話が記されています。出雲大社のオオクニヌシには「幽」の世界、天皇は「顕」の世界を司るとされました。
「幽」は人間の能力を超え、神々や祭祀の世界で「出雲」を意味し、「顕」は目に見える現実、政治の世界「大和」を意味します。
出雲、大和の貴重な作品約170件から、見る機会の少ない展示を紹介します。

出雲大社の巨大柱 同時展示

出雲大社は「幽」の世界を司るオオクニヌシを祀っています。
古代の本殿は、48mの高さを誇ったと伝えられていました。
それを裏付けるような巨大な柱が、2000年に出土しました。


会場入口風景

今回、一番の見どころとも言える巨大柱は、会場に入るといきなり登場し圧倒されます。


(左奥から)重要文化財《心御柱》島根県出雲市 出雲大社境内遺跡出土 鎌倉時代 宝治2年(1248) 島根・出雲大社 / 重要文化財《宇豆柱》島根県出雲市 出雲大社境内遺跡出土 鎌倉時代 宝治2年(1248) 島根・出雲大社(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲大社本殿を支えた「心御柱」と「宇豆柱」が同時公開されるのは、史上初です。
しかも、この2つの柱は、実際に発掘された間隔と同じです。
ガラスケースの上には、柱が建てられていた状態を再現しています。

この柱の設計図として、出雲大社の宮司千家国造家に伝わっていたのが下図。


金輪御造営差図 鎌倉~室町時代・13~16世紀 島根・千家家蔵 前期展示(1/15~2/9)
ここに記された状態と発掘状況が一致し、驚きに包まれました。
直径1.3mの柱を3本束ね1組にした柱を、9本建てて支えています。

発掘前、想像されていた神殿の姿がこちらです。
1/10の模型で再現されました。想定年代は平安時代です。
1/10になった目線で見上げてみるとその巨大さが実感できます。


《模型 出雲大社本殿》平成11年(1999) 島根・出雲市

百済が贈った七支刀

大和は、王権の儀礼が繰り広げられる舞台となりました。
古墳時代、前方後円墳には、埴輪や副葬品などが埋葬され、絶大なる政治権力の証です。
そんな大和の権力を外交面で伝えるのがこの刀です。


国宝 七支刀  古墳時代・4世紀  奈良・石上神宮蔵
『日本書紀』の中で、百済の国王から倭王に、刀が献上されたと記録があります。
石上神宮に伝わる宝剣には、刀の両面に61文字の象嵌があり、その意味は百済で作られ倭に贈ったと解釈されています。

本作を、日本書紀に登場する《七枝刀》とみる考えが根強いとのこと。
特徴的な形状、そして高句麗の南下で緊張関係にあった百済が倭とつながろうとした背景が伺え、当時の情勢を知る一級史料です。
ご神体に匹敵するため公開の機会がほとんどありません。

記念講演会も大盛況

東京大学名誉教授、佐藤信氏による講演会も開催されました。
たくさんの方が会場に集まり、興味や期待の高さが伺えます。
佐藤信氏より最後に、島根県と奈良県、東京国立博物館の共同で、出雲と大和の名品を一堂に集めることができたことは、大変喜ばしいこと。
その陰には、なかなか進まない発掘作業など地道にすすめてきた関係者、それをサポートする県の協力あってのことと、感謝の言葉で締めくくられました。

古代出雲と大和の交流が、今の時代にも引き継がれ、古代日本の姿が浮かびあがりました。令和の変わり目に、永続的な日本の歴史と、日本人としての源流を考えさせられる機会になりました。


会場東京国立博物館 平成館
開催期間2020年1月15日(水)~3月8日(日)
休館日月曜日(ただし、2月24日は開館)、2月25日(火)
開館時間9:30~17:00(金・土曜日は21:00まで)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://izumo-yamato2020.jp/
料金一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 900円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社