インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック 」

東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」

文 [エリアレポーター]新井幸代 / 2020年1月31日
東京都庭園美術館では、「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」が開催されています。

東京都庭園美術館と言えば、1925年にパリで開催された現代装飾美術産業美術国際博覧会(通称:アール・デコ博覧会)を訪問し、感銘を受けた朝香宮ご夫妻がアール・デコ様式の室内装飾にこだわって建てられた旧朝香宮邸を使用しており、ラリックのシャンデリアや特注のガラスレリーフ扉など空間と一体となった作品を見ることができます。

また、北澤美術館は世界屈指のガラス・コレクションで知られ、ラリックの作品も多くの優品を所蔵しているため、今回の企画展はラリック好きにはたまらないコラボレーションとなっています。

展示は本館と新館での2章構成です。
第1章の本館では、薄いカーテン越しの自然光の下で作品を鑑賞することができます。


展示風景(大客室)、旧朝香宮邸大客室シャンデリア《ブカレスト》 東京都庭園美術館蔵、花瓶《菊に組紐文様》1912年 北澤美術館蔵 ほか
ガラスの厚さや後ろからの光の当たり具合によってオパールの様に見えるオパルセント・ガラスは、特に色合いが引き立って見えました。


花瓶《バッカスの巫女》1927年 北澤美術館蔵
展示構成は、食堂にはテーブルウェア、書斎にはインク壺や印章、妃殿下寝室にはアクセサリーと化粧道具といった具合に、各部屋に関連した作品が多く配され、当時の面影に浸ることができます。


展示風景(大食堂)テーブルセッティングの再現
また、ラリックは独自のガラス成形法・加工法を駆使した作品が多く、技術の高さに裏打ちされた造形力にも驚きました。
ジュエリー制作で培った腕を活かして金型を作り、成形を工夫することで細かい表現を可能にした香水瓶。


奥から時計回りに、香水瓶《カーネーション》1912年、香水瓶《二人の人物、小像のある栓》1912年、香水瓶《牧歌》コティ社 1911年、香水瓶《シダ》あるいは《女性の胸像》1912年、すべて北澤美術館蔵
本体を作り、後から取っ手をつけるのが一般的だったのに対し、同時プレス成形することでデザインの一部に溶け込ませた花瓶。


花瓶《ナディカ》1930年 北澤美術館蔵
シール・ペルデュ(蝋型鋳造法)をガラスに応用することで可能になった、上顧客向けの繊細な一点物もありました。


シール・ペルデュ蓋付花瓶《バラ》1921年 北澤美術館蔵
新館 第2章では、パリでアール・デコが流行したのと同時代の大正・昭和初期に日本にもたらされたラリック作品をはじめ、アール・デコ博覧会関連の作品を当時の映像や資料を交えて展示されています。


立像《噴水の女神、メリト》1924年 北澤美術館蔵
正面玄関ガラスレリーフ扉のデザイン画もありました。デザイン画に書かれたラリックから工房への指示を読んでから実物を見ると、左隣の第一応接室に展示の妙が待ち受けていますので、お見逃しなく。


立像《両手を掲げた大きな裸婦》1921年 北澤美術館蔵、参考(ガラスへの反射像):旧朝香宮邸正面玄関ガラスレリーフ扉 1933年 東京都庭園美術館蔵
日没の前後、刻一刻と変化していく自然光によって、同じ作品でも異なる表情を見ることができ、非日常の贅沢な空間を愉しむことができました。

会場東京都庭園美術館
開催期間2020年2月1日(土)~4月7日(火)
休館日第2・第4水曜日(2月12日、26日、3月11日、25日)
開館時間10:00~18:00
所在地東京都港区白金台5-21-9
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.teien-art-museum.ne.jp/
料金一般 1,100円、大学生 880円、中学生・高校生及び65歳以上 550円
展覧会詳細へ 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
新井幸代 新井幸代
興味の幅が広いため、美術館だけでなく、自然科学・歴史系の博物館も好きです。
直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。
ブログ:~No Love, No Museum.~
http://ameblo.jp/nolove-nomuseum/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社