インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」

静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2020年2月1日


「鉅鹿」「磁州窯」って?

今回の展覧会タイトル「鉅鹿」「磁州窯」は耳慣れない言葉です。 「鉅鹿」とは中国の地名で河北省南部の町「きょろく」と読みます。 東洋のポンペイと呼ばれており、1108年、川の氾濫で一挙に泥土に埋没、約800年後の1920年頃、遺跡が発見されました。

遺跡からは、大量の陶磁器や建築址などが出土し、火山噴火で埋没したポンペイを想起させます。今年は発見から100年です。



出土した陶磁器の大多数を焼いていたのが磁州窯。日用の器を大量に生産する民窯でした。

白黒つけるぜ!




チラシに書かれた興味をひくキャッチコピー。
白と黒の器もせめぎあっているようです。
「白黒つけるぜ!」はどのような意味なのか探ってみます。
展示室に入るなり、2つのやきものは対峙しています。

白の代表


「白地黒掻落牡丹文如意頭形枕」北宋時代(12世紀)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
桃のような形に、牡丹の花。料理を載せる器に見えます。
しかし筆で描いたように見える牡丹は彫り文様であらわされています。
白化粧した器に鉄絵具を塗り、文様を線彫りし、白い背景は鉄絵具を掻落しています。
実に手の込んだ表現で、掻落しという彫刻のような技法です。

また、ここに載せるのは食材ではなく頭。実は枕だとわかりました。
日本ではなじみの少ない陶器製です。
そしてチラシ写真からは決してわからない、曲線の造形にもびっくり。 驚きが次々と上塗りされていきます。

黒の代表


「黒釉線彫蓮唐草文瓶」磁州窯系 金~元時代(13~14世紀)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
こちらは、黒釉をたっぷりかけ、線彫りを施し、下地のうすい黄色と黒のコントラストで文様を見せています。
近づいて見ると、黒釉の厚みが複雑に変化しているのがわかります。
線や面で掻いただけではなく、黒釉の面も必見。表情が豊かです。

曜変天目と素朴な磁州窯


国宝「曜変天目」建窯 南宋時代(12~13世紀)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
展覧会には、静嘉堂文庫美術館が誇る至宝、曜変天目茶碗も展示されています。
素朴な磁州窯と曜変天目は全く印象は異なりますが、それぞれが魅力たっぷり。

曜変天目は、1つの斑文を狙ってミュージアムスコープで見ると、透明な釉薬の厚みが感じられます。
斑文の光彩も、釉の厚みの深さによって、違う色を発しているようでした。

饒舌館長おしゃべりトーク



河野館長によるおしゃべりトークにも参加しました。
今回の口演テーマ「磁州窯と江戸絵画は、全く関係がありません」と笑いを誘いながらスタート。

「虫のように近づくと関係がないように見えても、鳥のように遠くから見れば関係がある」と含蓄のあるお話。
磁州窯の展示品と江戸絵画を、鳥瞰しながら唐の絵画に関連づけて解説されました。

下記の枕「蓮」のモチーフは「恋」の掛詞で、枕につながっているのでは?と推察されました。


「三彩白地掻落束蓮文枕」磁州窯系 金時代(12~13世紀)静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】
「白黒つける」には、はっきりさせるという意味がありますが「白や黒の色をつける」という意味に掛けているのではと思いました。

繊細な宋時代のやきもの、写真では決して伝わらない驚きが一杯です。
その魅力を「目にやきつける」絶好の機会です。


会場静嘉堂文庫美術館
開催期間2020年1月18日(土)~3月15日(日)
休館日月曜日(ただし、2月24日は開館)、2月25日(火)
開館時間10:00~16:30
所在地 東京都世田谷区岡本2-23-1
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.seikado.or.jp/
料金一般 1,000円、大学生・高校生および身体障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名を含む)700円、中学生以下無料
展覧会詳細へ 「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社