インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」

東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2020年2月7日

ギャラリー外観
ピカソ、ダリ、ミロそしてガウディゆかりのバルセロナという芸術都市を軸にしたユニークな展覧会が、長崎、姫路、札幌、静岡と巡回し、ここ東京ステーションギャラリーでの最後の展示がスタートしました。

スペインのカタルーニャ州にある州都バルセロナは、フランスと接するという地理的条件もあり、スペインの中でも独自の文化や歴史を持つ場所です。
また現在でもカタルーニャの独立運動が話題に上るように、スペイン内乱の時代など弾圧という悲劇もありました。

そのような華やかさと暗さの中で生きた、19~20世紀のバルセロナの芸術家たちは何を見つめてきたのでしょうか。


手前から:アウゼビ・アルナウ《バルセロナ》1897年 カタルーニャ美術館/モデスト・ウルジェイ《共同墓地のある風景》1890年代?・長崎県美術館
こちらの彫刻は、バルセロナの擬人像として制作されたものです。
台座はバルセロナの歴史の中で重要な意味を持つモンジュイックの丘から切り出された砂岩とのことです。
美しく気高いイメージは、バルセロナの人々の誇りを感じさせます。


左から アントニ・ガウディ(デザイン)カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》1904-06年頃/アントニ・ガウディ(デザイン)カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの扉》1906年 /ジュアキム・ミール リガル・グラネイ社《幼少期のマリア》1910-13年 すべてカタルーニャ美術館
バルセロナを訪れる観光客の多くは、ガウディをはじめとする美しい建築物を巡ることでしょう。
本展では、カザ・リェオー・ムレラ、カザ・アマッリェー、カザ・バッリョーという代表的な邸宅の内部が窺える展示もありました。

ガウディの曲線だけで空間を表現したカザ・バッリョーなど、アールヌーヴォ独特の優美なデザインが眼を引きます。


左から:《カザ・リェオー・ムレラの椅子》/《カザ・リェオー・ムレラのコーナーテーブル》/《カザ・リェオー・ムレラの肘掛椅子》いずれもガスパー・オマー 1905年頃 カタルーニャ美術館
なお本展では、一般で呼ばれているカサ・バトリョをカザ・バッリョーのようにカタルーニャ語で表記されているのでご注意を。


左上:カザ・リェオー・ムレラ 左下:カザ・アマッリェー 右:カザ・バッリョー
私もバルセロナが好きで、何度か訪れています。
たまたまこれら3つの建築の外観写真を撮影していましたので、ご参考まで。


いずれもリュイス・マスリエラ 左:《花のペンダント》1904年頃/中央上《女性の横顔のペンダント》1908年頃/中央下《有翼のニンフ》1906-08年頃/右《蜻蛉のブローチ》1903-06年頃 バゲス・マスリエラ・コレクション ほか3点はカタルーニャ美術館
リュイス・マスリエラは、日本では「マリエラ」という名前で知られているバルセロナの高級宝飾店の3代目として生まれたデザイナーです。
建築同様、ロマンティックなアールヌーヴォのデザイン。
当時のバルセロナの富裕層の華やかな暮らしを垣間見るようです。


ジュゼップ・リモーナ《初聖体拝領》1897年 カタルーニャ美術館
1897年に開店した「四匹の猫」というカフェは、カタルーニャ地方で興った文化芸術運動であるムダルニズマの舞台となりました。

本展では、その中心人物であったラモン・カザスの作品が多く展示されており、注目です。
若き日のパブロ・ピカソも常連客で、当時のデッサンもいくつか展示されていました。


いずれもイジドラ・ヌネイ《若いジプシー女》1903年/《ジプシー女の横顔》1902年/《習作》1906年 すべてカタルーニャ美術館
富裕層が暮らす豊かなバルセロナの街の片隅で生きるロマの人々に向けた、イジドラ・ヌネイのまなざしは異色でした。
それはバルセロナの多面的な部分にも目を逸らせない真摯なまなざしでした。


エルマン・アングラダ・カマラザ《夜の女》1913年頃 カタルーニャ美術館
ステーションギャラリーの特色でもあるレンガの壁面は、バルセロナの古い町並みをイメージさせ、素敵な空間を作り出していると感じました。

最終章ではパブロ・ピカソ、ジュアン・ミロ、サルバドール・ダリたちがダルマウ画廊の後押しによって、パリに出ていき、やがてスペイン内戦勃発し、彼らが芸術を通して立ち上がった様子が展示されていました。

多くの芸術家を輩出した奇蹟の芸術都市バルセロナ。
日本ではあまり知られていない芸術家の紹介も含め、その魅力が十分感じられる展覧会でした。


会場東京ステーションギャラリー
開催期間2020年2月8日(土)~4月5日(日)
休館日月曜日(2月24日、3月30日は開館)、2月25日(火)
開館時間10:00~18:00(金曜日は20:00まで)
所在地東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
料金一般 1,300円、高校・大学生 1,100円、中学生以下無料
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社