インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」

文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2020年2月1日


インフルエンザやコロナウィルスの流行を恐れる現代からさかのぼること100年。
全世界に流行したスペイン風邪。
クリムトやエゴン・シーレがこの病により命を失ったように、日本でも村山槐多や関根正二という才能ある若者を失うこととなりました。

本展は関根正二の20年というあまりに短い生涯を顧み、その中で煌めく才能にあふれた貴重な作品が集められた過去最大の回顧展です。



レセプションでは水沢館長より、関根正二の才能にいち早く注目し、展覧会やコレクションを積極的に行ってきた神奈川県立近代美術館と彼の深い関わりについてのお話がありました。


レセプションでの神奈川県立近代美術館 水沢勉館長
関根は本格的な美術教育を受けることなく、ほぼ独学で絵の道を志すことになりますが、幸いなことにのちに優れた芸術家となった人々と友情を育むことができました。

そんな友人の技術や芸術論の影響を受けながら、やがて関根独自の個性的な作風に辿り着きました。


左から《井上郁像》1917年(大正6年) 福島県立美術館寄託・《村岡みんの肖像》1917年(大正6年) 神奈川県立近代美術館蔵
展示室を入ってすぐの壁には初期の作品が展示されています。
こちらの2枚の肖像画も関根の画業の中では比較的前半に描かれたものです。
デューラーやセザンヌといった西洋絵画の影響が見受けられます。

色調を抑え丁寧に描き込んだ人物像は、齢を重ねた女性の人生の深みと重厚な人柄をよく写していますが、これらの作品はなんと18歳で描かれたもの。関根の早熟な才能が見てとれます。


《少年》1917年(大正6年) 個人蔵
関根は兄弟や知り合いの子供たちを好んで描いていました。
描かれている子供たちは無邪気で愛らしいというよりは、思慮深く一点を見つめているような眼差しを持っています。

それは芸術と真摯に対峙しようとしていた関根の心の内を表していたのでしょうか。


《姉弟》1918年(大正7年) 福島県立美術館蔵
こちらの作品も、幼い弟を背負った姉は子供ながらに憂いを感じる表情です。
黄色い大輪の花畑とその奥に広がった草原、そして複雑な色味を含む空が郷愁を誘います。


《神の祈り》1918年(大正7年) 福島県立美術館蔵
晩年の関根の作品の中には、信仰心を感じさせるものも多くみられます。
20歳そこそこの青年が、神に何を祈っていたのでしょうか。
後期(2月18日(火)より)は大原美術館所蔵の《信仰の悲しみ》(重要文化財)も展示されるとのことで、楽しみです。


左から 関根正二《画家とモデル》1916年(大正5年) 神奈川県立近代美術館蔵・伊東深水《蓮にバッタ》1916年(大正5年) 神奈川県立近代美術館蔵
展示室の右奥には、伊東深水、東郷青児、河野通勢など関根と親交のあった作家たちの作品が並びます。
この展示の興味深いところは後に有名になった彼らの、関根が生きていた時代の作品を中心に紹介しているところです。
上の日本画は、左が関根、右が伊東深水の作品です。
美人画で有名な深水のよく知られる作風とは異なり、この2人の作品は何となく似た雰囲気を感じました。


関根正二の書簡など
展示ロビーには、年表や関根が友人に宛てた手紙が展示されていました。
手紙に描かれた挿絵など、ほのぼのとした交流や関根の芸術への悩みなどを読み取ることができます。


(美術館外観)
昨年秋にリニューアルした鎌倉別館には、ガラス張りの明るいカフェも併設されました。
観光地鎌倉の雑踏からしばし離れ、隠れ家的な美術館として芸術をゆったり楽しめるのではないでしょうか。


会場神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
開催期間2020年2月1日(土)~3月22日(日)
休館日月曜日(2月24日は開館)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
所在地神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
0467-22-5000
HP : http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
料金一般 700円、20歳未満・学生 550円、65歳以上 350円、高校生 100円
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社