インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  兵庫県立美術館「ゴッホ」

兵庫県立美術館 「ゴッホ展」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2020年1月24日

昨年、東京で開催され45万名の来場者を記録したゴッホ展が関西で開催中です。
兵庫県立美術館では、2002年の現在の場所への移転を記念した展覧会以来のゴッホ展とのこと。

ゴッホの作品を日本で見る機会は少なくもないのですが、この展覧会はゴッホのルーツともいえるオランダのハーグ派の作品を紹介し、ゴッホの原点に迫っていること、その後にゴッホが大きな影響を受けた印象派の作品も同時に並べることで、ゴッホが自らのスタイルを確立した足跡を辿っている大変貴重な機会だと思います。

世界で最も有名な画家の1人であるゴッホが、本格的な絵画の教育を受けたわけではなく独学に近い形で技術を身につけたというのは意外にも知られていない事実ではないでしょうか。 縁のあったハーグ派の画家から絵を習い、同時代に活動していた画家たちと切磋琢磨する中で、ゴッホは基本的な手法や姿勢を学びました。

ゴッホがゴッホになる前の時代の作品は、荒削りではありながら、葛藤や情熱を感じられるものになっています。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々(部分)》 1885年4-5月 リトグラフ(インク・紙) ハーグ美術館 ©️Kunstmuseum Den Haag
絵画の基本と大作にも取り組める自信を得たゴッホはパリに出て、印象派に出会います。
ゴッホの絵の特徴である絵具の重ね塗りや鮮やかな色彩など、独自の作風を確立していきました。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《花瓶の花》 1886年夏、パリ 油彩、カンヴァス ハーグ美術館 ©️Kunstmuseum Den Haag
ゴッホの代表的作品ともいえる、7年ぶりの来日となった《糸杉》は亡くなる1年前に描かれた作品です。
渦巻きそびえ立つ緑がともするとゴッホの狂気を表しているのでは、と恐る恐る近付いて眺めますと、この作品に限らないのですが、実に緻密な筆致で丹念に仕上げられた作品であることが見てとれます。
近くでじっくりと鑑賞したい作品のひとつです。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《糸杉》 1889年6月 油彩、カンヴァス メトロポリタン美術館 Image copyright ©️Metropoiitan Museum of Art Image source: Art Resource, NY
日本の芸術に影響を受けた印象派、その日本に憧れて南仏に移り住んだゴッホはそこで短い生涯を閉じます。

もしゴッホが日本に来る機会があったのなら、一体どんな作品がその後に生まれたのでしょう。
どことなく日本美術を想起させる作品も描いたゴッホだから、日本でも熱烈に支持され続けているのかもしれません。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《夕暮れの松の木》 1889年12月 油彩、カンヴァス クレラー=ミュラー美術館 ©️Collection Kroller-Muller Museum,Otterlo, The Netherlands
たった10年という短い芸術活動の期間にゴッホが生み出した作品が心に迫ってくる展覧会です。
こんなゴッホもあったのか、という気づきが多いのは、ハーグ派、印象派という側面から見ているだけだはなく、日本ではあまりお目にかかれないイスラエルやアイルランドといった国の美術館から出展されている作品が多いこともあるでしょう。

きっとゴッホが好きになる。ゴッホが好きな方、割とゴッホの作品は見ているよ、という方でも、知らなかったゴッホの顔に出会える、そんな展覧会です。
会期後半はさらに混雑が予想されますので、早めのお出かけがおすすめです。
海辺に佇む、安藤忠雄氏の素晴らしい建築の館へ、ぜひゴッホに会いにいらしてください。

会場兵庫県立美術館
開催期間2020年1月25日(土)~3月29日(日)
休館日月曜日(祝祭日の場合は開館し、翌火曜日休館)
開館時間10:00~18:00(金曜日と土曜日は20:00まで)
所在地兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
078-262-0901
HP : https://www.artm.pref.hyogo.jp/
料金一般 1,700円、大学生 1,300円、70歳以上 850円、高校生以下無料
展覧会詳細へ 「ゴッホ」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社