インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」

神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」

文 [エリアレポーター]tomokoy / 2020年3月27日
【当面の間、臨時休館】
「コートールド美術館展 魅惑の印象派」が神戸市立博物館で開催されます。



コートールドはイギリスの実業家で、マネ、ドガ、ルノワール、セザンヌなど、印象派のコレクションを築きました。およそ100年前(1920年代)のことです。

展示会場は2つに分かれていて、最初の会場では主にセザンヌの絵が紹介されています。


ポール・セザンヌ《キューピッドの石膏像のある静物》1894年頃 油彩、板に貼られた紙 コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
セザンヌの《キューピッドの石膏像のある静物》。
何となく不思議な印象で、見入ってしまいます。
静物なのに、水平な線が一本も見当たらないためでしょうか。

次の展示会場では、ルノワール、ドガ、マネなどの作品が並びます。


ピエール=オーギュスト・ルノワール《靴紐を結ぶ女》1918年頃 油彩、カンヴァス コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
ルノワールの《靴紐を結ぶ女》。
コートールドのコレクション第一号となった作品です。



ピエール=オーギュスト・ルノワール《春、シャトゥー》1873年頃 油彩、カンヴァス 個人蔵(サミュエル・コートールド旧蔵)
夢の中のような光景。
パリ郊外の風景が描かれています。



ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年 油彩、カンヴァス コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
華やかなドレスに身を包み、劇場の桟敷席(ボックス席)に座る女性。
コートールドはこの絵に相当ほれこんでいたらしく、女性を花や宝石に、劇場を聖堂にたとえた詩を書き残しています。

この作品と同じ年(1874年)に描かれたのが、下のドガの絵です。


エドガー・ドガ《舞台上の二人の踊り子》1874年 油彩、カンヴァス コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
舞台を斜め上から見下ろしているような視点。さっきの男女が座る桟敷席からは、こんな風に見えるのでしょうか。

踊り子たちの表情は、本番の舞台のわりにリラックスしているように見えます。
上演作品は明らかではありませんが、その衣装から、モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の幕間の可能性があるそうです。



エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
ミュージックホールにあるバーで接客する女性。
等身大の女性の正面に立つと、自分自身がバーの客となり、飲み物を注文しているような気分になります。

人々のざわめき、グラスの触れ合う音‥。鏡の中の世界が自分の背後にも広がっていきます。



アメデオ・モディリアーニ《裸婦》1916年頃 油彩、カンヴァス コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
モディリアーニの裸婦像。肌の質感が独特です。
絵具の塗り方の工夫が、X線を使った調査で明らかになっています。

この展示フロアには、ほかにゴーガンやロートレックの絵、ドガやロダンの彫刻などが並びます。
コートールドは、印象派がすべての人に開かれた芸術であることを確信していました。
時間がいくらあっても足りないと思うくらい、見ごたえがあります。

会場神戸市立博物館
開催期間2020年3月28日(土)~6月21日(日)
※開幕は当面延期。最新情報は展覧会公式サイトへ
開館時間10:00~18:00(金曜は20:00、土曜は21:00まで)
所在地兵庫県神戸市中央区京町24
078-391-0035
HP : https://courtauld.jp/
料金一般 1,500円、大学生 750円、高校生以下無料
展覧会詳細へ 「コートールド美術館展 魅惑の印象派」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
tomokoy tomokoy
京阪神を中心に、気になる展示をぷらぷら見に出かけています。
「こんな見方も有りか」という感じでご覧いただければと思います。
https://tokidokibunka.hatenablog.com/

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社