インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  三菱みなとみらい技術館
pickup museum

三菱みなとみらい技術館

2013年2月にリニューアルした「環境・エネルギー」ゾーン。三菱みなとみらい技術館は毎年進化し続けています
くらしの中のエコ、最新の輸送システムなど生活に身近な技術から、潜水調査船、航空機、ロケットなどスケールの大きなプロジェクトまで。三菱みなとみらい技術館は最先端の科学技術を楽しみながら学べる、テクノロジーミュージアムです。
展示されている国産ロケットのメインエンジンは、燃焼試験に使われた実物。焦げ跡も残っています。
「みんなのぴったりホーム」では、家の中のスマートコミュニティのしくみを紹介。
大型ジオラマに投影された映像を見ながら、スマートコミュニティの仕組み・役割・構造をゲーム感覚で学べます。
世界最高水準の深海潜水調査船「しんかい6500」の1/2模型。これを目当てに来館する人も多いとか。
ものづくりを原点から探ることができる「技術探検ゾーン」
予約制でヘリコプターの操縦が体験できる「スカイウォークアドベンチャー」
参加体験型で「楽しみながら学ぶ」

みなとみらい駅から徒歩3分。三菱重工横浜ビルにある三菱みなとみらい技術館は、航空宇宙、海洋、交通・輸送、くらしの発見、環境・エネルギー、技術探検の6つのゾーンと乗物の歴史コーナーで科学技術を紹介するミュージアムです。

「科学技術」と聞くと身構えてしまう人もいそうですが、ここは参加体験型の展示で「楽しみながら学ぶ」を重視しているのがポイント。迫力ある実機や大型模型の展示はもちろんのこと、ゲームやクイズ形式の展示やシミュレーターなども多く、遊びながら最先端技術の世界に触れることができます。

館の推奨年齢は小学校高学年以上ですが、小さなお子様からお年寄りまで来館者層もさまざま。「お年寄りのグループで来館された方が次はお孫さんと一緒に来る、という例もあるんですよ」(三菱みなとみらい技術館の岡本麻耶さん)。

小さな子どもは、体験することでまずは楽しんでもらう。知識が豊富な方には、三菱重工OBの展示解説員から更に詳しい解説が受けられ、あらゆる方が楽しんでいただけるよう、展示から運営まで細かな配慮が行き届いています。

毎年のリニューアル

館のオープンは1994年。来年で20周年を迎えますが、全く古いイメージがしないのは、館が常に進化し続けているためです。

一昨年は「航空宇宙」、昨年は「くらしの発見」と「交通・輸送」、そして2013年2月には「環境・エネルギー」と、原則的に毎年ゾーンをリニューアル。企業ミュージアムだからこそ、計画的にリニューアルを進めています。

こうした取り組みはリピーターからも歓迎されており、来館者数も好調。2012年秋には開館以来の入館者が通算200万人を突破しました。

科学技術に、夢を

子どもの理科離れが指摘されて久しいですが、本来、最先端の科学技術はワクワクやドキドキにあふれた楽しいもの。先入観を持たずに楽しんでもらうことで、科学技術に対して子どもたちには夢を持ってもらい、学びのきっかけにして欲しいと願っています。

館が一番にぎやかになるのは、夏休み。コミュニケーションロボット“wakamaru”と手をつないでお散歩ができたり、海洋ゾーンのスタンプラリーや深海生物のペーパークラフト作りなど、今年もさまざまなイベントを準備しています。

(取材:2013年6月11日 写真・文:インターネットミュージアム)

「開館して19年経ちますが館内は大きく変わっているので、以前来た方もぜひもう一度お越しください」

三菱みなとみらい技術館の館内
三菱みなとみらい技術館からのメッセージと、コミュニケーションロボット“wakamaru”

 
館名三菱みなとみらい技術館
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号 三菱重工横浜ビル
TEL : 045-200-7351
HP : http://www.mhi.co.jp/museum
開館時間10時~17時まで(但し、入館は16時30分まで)
入館料大人 500円/中・高校生 300円/小学生 200円
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社