インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「ピカソ、天才の秘密」 by 胤森由梨

あべのハルカス美術館「ピカソ、天才の秘密」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年4月8日
日記をつづるように作品を描き続けた天才ピカソ(1881-1973)。
20世紀最大の造形革命(キュビスム)を創始し、亡くなるまでの間、ものの形の本質とは何かを問い続けた画家です。
天才が天才と言われるゆえんはいったいどこにあるのでしょうか。

ピカソはアカデミーの教育をはじめ、スペインの巨匠やフランスの画家たち、イベリアやエジプト美術の影響を受け、スタイルを自在に変化させながら、膨大な数の作品を制作しました。

本展覧会では、ピカソがキュビスムに至るまでどのような軌跡をたどってきたかを、少年時代(13-20歳)、青の時代(20-23歳)、バラ色の時代(24-25歳)、キュビスムとその後(26-40代)に分けて展示しています。

キュビスム以前の青年期のピカソの作品は、メランコリックな青い色調を特徴とする「青の時代」と精神の落ち着きをみせるピンクを主調色とする「バラ色の時代」に分けられます。

ピカソの天才たるゆえんを語るとき、この2つの時代を抜きに語ることはできません。この大変希少な「青の時代」と「バラ色の時代」の油彩画のうち、国内では過去最多となる8点が展示されます。

キュビスムに至るまで、ピカソはどんな画家に影響を受け、スタイルを吸収し自らのスタイルへと昇華させていったのでしょうか。

ここではピカソの「青の時代」を象徴する一点を紹介します。この絵はピカソの《スープ》(1902年)という作品です。

パブロ・ピカソ《スープ》1902年
パブロ・ピカソ《スープ》1902年 油彩/キャンバス 38.5x46cm オンタリオ美術館
Art Gallery of Ontario, Toronto Gift of Margaret Dunlap Crang, 1983 83/316
©2016-Succession Pablo Picasso-SPDA[JAPAN]

描かれているのは母親と娘でしょうか。
嬉しそうにスープを受け取る娘と不自然なまでに背中を丸めた母親。この二人が意味するものは何なのでしょうか。

この絵をめぐっては、キリスト教美術ではおなじみの受胎告知のシーンが下敷きになっているという説や、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)が描いたパンテオンの聖ジュヌヴィエーヴの壁画の影響を受けたという説もあります。

ピカソの天才たるゆえんは自分だけのスタイルに固執せず、他の画家からの影響を受け、多様なスタイルに挑戦し、それを自分のスタイルとして昇華していく点にあるのではないでしょうか。ピカソの天才の秘密をぜひ会場へ探しに行ってみてください。

※作品展示は前期(4月9日~5月22日)と後期(5月24日~7月3日)に分けられ、作品の一部が入れ替わります。


左から《ボタン》1901年、《キク》1901年。どちらもファン・ゴッホやセザンヌの影響を受けて描かれた作品です。

左から《海辺の人物》1903年、《スープ》1902年、《セバスティア・ジュニェンの肖像》1903年。最後の作品は、ピカソの支援者でもあった友人セバスティアとお互いに描き合った作品のうちの一枚。ピカソへの温かいまなざしが感じられます。

モンマルトルの丘の中腹に建つ若き画家たちの集合アトリエ、「洗濯船」。ピカソはここから目と鼻の先にあったメドラノ・サーカスの道化師をいたく気に入り、足しげく通いました。
会場あべのハルカス美術館
開催期間2016年4月9日(土)~7月3日(日)
所在地 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
TEL : 06-4399-9050
HP : http://www.aham.jp/
展覧会詳細へ ピカソ、天才の秘密 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社