インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「極(きわみ) 大茶の湯釜展 ─茶席の主─」 by 胤森由梨

MIHO MUSEUM 「極(きわみ) 大茶の湯釜展 ─茶席の主─」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年6月3日
日本の金属工芸の茶の極―湯釜
国が指定する重要文化財の茶の湯釜すべてが集結し、茶の湯釜以前の湯釜から茶の湯釜の発展まで、さらに湯釜が盛行する過程を全109点の釜をもとに系統的に眺めることができます。


《鶴の釜》、大西浄清、江戸時代、17世紀 大西清右衛門美術館
日本の金属工芸の極みといえる茶の湯釜。「釜一つ持てば茶の湯者」と言われるほど、釜は茶道をする上で欠かせない道具です。幕末の大老の井伊直弼は茶人でもあり、著作『茶湯一会集』の中で、「釜一口ニて一会の位も定まる」と述べています。

本展覧会は、茶の湯釜研究者である原田一敏氏(東京藝術大学大学美術館教授・元国立博物館金工室長)の監修によって構成されました。

これまで茶の湯釜のみをテーマにした展覧会は、室町時代に芦屋で作られた釜の展示が行われたのみで、大規模なものはありませんでした。しかし、原田一敏氏監修のもと、本展覧会では奈良時代から江戸時代に至るまでの釜を一堂に会することで、その違いを体感できる展示となっています。

ここでは、釜の胴の部分に注目し、室町時代から江戸時代に至るまでの釜の変遷をたどっていきます。

芦屋釜

《梅花散文真形釜》、芦屋、室町時代、15世紀、重要文化財 個人蔵
満開の梅の花が胴部分一面に咲き誇っています。
もう一点、ご紹介します。


《獅子牡丹図真形釜》、芦屋、室町時代、15世紀 五島美術館
大輪の牡丹と躍動的な唐獅子が描かれています。このように芦屋釜は釜の胴の部分に見られるように、絵紋様が美しい釜が多いです。

天明釜

《二重肩釜》、天明、室町時代、16世紀 栃木県立博物館
鏡餅のような胴部を持ち、天明釜には岩のような肌が特徴です。

江戸期の釜

《井桁釜》、大西定林、江戸時代、17-18世紀 東京国立博物館
肩に部分に「井」の字型に桟を渡し、桟が交差する角に目を覆う猿、その対角線の角に口を押える猿が付いています。釜のつまみが、葉の上で耳をふさぐ猿となり、有名な三様の姿をした猿の像がそろいます。江戸に作られた釜は芦屋と天明の釜の特徴を併せ持つ様々なデザインがあります。

釜は胴やつかみ以外にも、口造りや鐶付の部分に、時代や作られた場所によってデザインの違いが表れているので、そうした部分にも注目して鑑賞してみるのもおもしろいかもしれません。

会場風景

《伝土佐光信筆、茶釜下図(写本)》、江戸時代 東京藝術大学附属図書館

《伝土佐光信筆、茶釜下図(写本)》(拡大) 東京藝術大学附属図書館


会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2016年6月4日(土)~7月31日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp/
展覧会詳細へ 「極(きわみ) 大茶の湯釜展 ─茶席の主─」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社